祭りの写真など

海王丸、大阪港を出航2016年2月19日

DSC_5689.jpg

練習船海王丸が2016年2月15日~19日にかけて大阪港に寄港しました。
19日の14時ころに出港するということだったので見に行ってきました。

海王丸(Ⅱ世)は世界でも最大級の帆船で、公益財団法人 海技教育財団が所有し、独立行政法人 航海訓練所によって運行されています。
姉妹船に日本丸があります。
大阪港に入港したのは昨年の7月ころ(2015年7月24日入港)ぶりだそうです。
2016年2月19日14時ころに大阪港を出港し、次の目的地は名古屋港で2月29日10時頃入港だそうです。おお閏年限定の日じゃないですか。

独立行政法人 航海訓練所ホームページ:http://www.kohkun.go.jp/index.html
航海訓練所facebook:https://www.facebook.com/kohkun.go.jp/

以上を参考にこの記事を書いています。
DSC_5625.jpg
交通費をケチるために?対岸から海王丸の姿を拝むために?いや、両方の目的で桜島駅から天保山渡船で行きました。


DSC_5652.jpg
渡船、桜と海王丸ほか
大阪市営の渡船についてはまた後日、まとめたいと思います。


DSC_5669.jpg
DSC_5661.jpg
DSC_5671.jpg
渡船上から海遊館方面を望むと南から西の方を向くことになるので、午前中に来るべきでしたね。


DSC_5674.jpg
幼い時分に練習船の帆船をみたことがあるのですが、日本丸だったか海王丸だったか・・・?
しかし、物心がはっきりしてから帆船を見るのはたぶん初めてです。


DSC_5675.jpg
DSC_5677.jpg
DSC_5680.jpg
DSC_5682.jpg
出航に備えて作業中でした。


DSC_5683.jpg
DSC_5688.jpg
船首に彫像があります。船首像、フィギュアヘッドと呼ぶものだそうです。
海王丸のこの像は紺青と言う名前です。樹齢300年のケヤキに金箔を施したもので、初代の海王丸退役によりⅡ世に移設されました。
姉妹船の日本丸(Ⅱ世)のフィギュアヘッドは藍青という名前で紺青の妹分です。


DSC_5709_201602200225429c5.jpg
旗流信号というやつですね。国際信号旗を一枚、あるいは数枚を組み合わせて船舶同士の意思疎通を図ります。
国際信号旗は世界共通で決まっている信号に使う旗のことです。国際信号旗を使って送る信号を旗流信号といいます。

写真の信号の意味は、左側の3枚は上からU,W,1でこの組み合わせは「あなたの協力を感謝する。ご安航を祈る。」という意味になるみたいです。海王丸の場合、周辺の協力船舶だけでなく陸上に向けてもこの信号を掲げていると思うので、平たく言うと「見送りありがとうございます、いってきます」くらいでしょうかね。
右側の一枚はPで、港の中なので「本船は出港しようとしている。全員帰船されたい。 」と言う意味になります。つまり、この旗が港で掲げられていたら、もうすぐお別れと言うことです。
とりあえず、見送る側はUW「ご安航を祈る」の旗を振るといいのかもしれませんね。平たく言うと「いってらっしゃい」の意味です。
詳しくは国際信号旗や旗流信号で検索してください・・・・・・。
旗の意味を知っていると、船の出迎えや見送りをより親身に行うことができる気がします。


DSC_5731_2016022002371662d.jpg
観光船のサンタマリア号


DSC_5723_20160220022543c49.jpg
登檣礼(とうしょうれい)が行われるので船員の方々は帆に登らはります。
登檣礼とは帆船が行う中では最高の礼です。人員を帆桁などに配置して見送り客に敬礼します。
檣とはショウと音読し、ほばしらと訓読するそうで、意味はマスト、帆柱。
帆船以外では艦船の舷、つまり船の側面に人員を配置する登舷礼が同様に行われます。海王丸では職員は登舷礼となります。
この日は事前に登檣礼が行われることが公式にアナウンスされていたのもあってか、見送りが多かったとかなんとか。私は出港時刻しか知らなかったんですが。


DSC_5728_20160220022546ce0.jpg
DSC_5744.jpg
合図で岸壁を注目します。(写真は撮影タイミングがずれていますが)


DSC_5748.jpg
先頭に立つ女性の発声で「ごーきげーんよー!」


DSC_5756.jpg
「ごーきげーんよー!」


DSC_5776.jpg
「ごーきげーんよー!」
いやあ、感動でしたね。こんなん感動ですやん。


DSC_5778.jpg
DSC_5782.jpg
手前には神戸大学の船、白鴎も並走しています。


DSC_5787.jpg
おまわりさん


DSC_5804.jpg
長い汽笛を3度吹鳴して出航していきました。
残る実習が安全に、無事に終えられますように。


DSC_5810_2016022002404933e.jpg
大阪市消防局のまいしま


またいつか見てみたいなあと思いました。登檣礼も汽笛もドラマチックなんですよね。
今度は海王丸の姉妹船の日本丸をみてみたいですねえ。
今回は行われませんでしたが、一般公開やセイルドリルも行われることがあるそうです。
セイルドリルとはつまり寄港中に帆を広げることです。きっときれいなんでしょう。

最近は港湾や沿岸部に興味があって・・・。
関連記事
  1. 2016/02/20(土) 06:52:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
<<松原神社梵天太鼓、子供地車入魂式、2016年2月21日 | ホーム | 牛立太鼓>>

コメント

守備範囲が広い♪

いつも更新有り難うございます。

イヤー守備範囲広いですねぇ! 

子供の頃は「丸」とか「世界の帆船?」とか読んでた記憶ありますけれど…。進水式のくす玉わりのニュース映像なんかに興奮したものです。

武蔵や大和の引き上げとか最近話題になってますね。4月1日のチャンチャン祭の奈良大和神社が、戦艦大和と関わりのあることは最近知りました。

渡し船は、大正区ですよね。考えてみれば大正区ってニューヨークみたいな感じじゃないかって(笑)


さて渡し船あとなら、豊里大橋の「平太の渡し」。こちらは、利用して学校に通ったとか結構当時を知ってらっしゃる方多いですよ。あのあたりはフツ-に大阪城が見えたらしいです。
  1. 2016/02/20(土) 12:56:56 |
  2. URL |
  3. ジンジャー #-
  4. [ 編集 ]

Re: 守備範囲が広い♪

ジンジャーさん

もとより交通系の話題は好きだったので、たまにニュースで見るような船の進水式とかはいつも興味ありました。
ほかは消防の出初式とか自衛隊の観閲式とかも行ってみたいですが、出初式はシーズンが終わりました…また来年です。

確か、戦艦大和の艦内神社がおおやまと神社の御分霊でしたね。

昔はほかにも渡船があったんですねえ。橋もいいですが、渡船はわくわく感が違います。
  1. 2016/02/20(土) 13:49:28 |
  2. URL |
  3. カシトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/912-9037414a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (896)
大阪市 (293)
南河内 (108)
中河内 (102)
北河内 (35)
摂津 (29)
泉州 (83)
兵庫県 (175)
奈良県 (44)
その他地域 (27)
のりもの (183)
鉄道 (59)
船 (48)
バス (72)
飛行機 (3)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (18)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (59)
寺社探訪 (0)
散策 (35)
風景 (15)
連絡・雑記 (34)
外出先 (34)
猫 (0)
撮影地 (1)
まとめ (16)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 平野区 春祭り 枕太鼓 試験曳き 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 尼崎市 福島区 藤井寺市 八尾市 神輿 豊中市 大太鼓 獅子舞 入魂式 守口市 盆踊り 梵天太鼓 生野区 東住吉区 灘区 近鉄 西淀川区 宝塚市 鶴見区 屋台 旭区 南大阪線 西宮市 松原市 都島区 城東区 大東市 吹田市 河内長野市 神戸市 天王寺区 芦屋市 試験担ぎ 加西市 宇陀市 富田林市 池田市 岸和田市 東成区 神事 博物館 橿原市 垂水区 姫路市 滋賀県 山車 泉南市 やぐら 夜店 太鼓枠 奈良市 住吉区 大阪市北区 淀川区 此花区 広陵町 伊勢神宮 中央区 曳山 石取祭 大和高田市 淡路市 西成区 小牧市 風景写真 京都 堺市北区 ふとん屋台 川西市 名古屋市東区 鉄道 枚方市 祭車 制動テスト 昇魂式 三郷町 伊丹市 港区 東淀川区 香川県 高松探訪 門真市 だんじり 四条畷市 木津川市 浪速区 貝塚市 三重県 和歌山県 泉佐野市 だいがく 京都府 茨木市 播磨 北播 臨時列車 三木市 名古屋 布団屋台 加東市 兵庫区 奈良県 明石市 淡路島 完成式 宇治市 大和郡山市 十日戎 阪南市 三田市 大正区 藤井寺 京都訪問 西区 河南町 葛城市 山鉾 やぐら(泉州) 風景 住之江区 大津市 桑名市 展示物 お木曳き 竣工式 天理市 神額 高松 ふとん太鼓 美原区 王寺町 神社 バス 御白石持行事 名古屋市 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数