祭りの写真など

門戸厄神厄除け大祭2016年1月18日

DSC_7203.jpg

2016年1月18日、兵庫県西宮市、門戸厄神東光寺の厄除大祭です。

祭礼日:1月18日・19日(毎年)
アクセス:阪急今津線門戸厄神駅から西へ徒歩10分

不動明王と愛染明王を合体した厄神明王をご本尊とするお寺です。門戸厄神の行事の中でも最も大切な法要がこの厄除け法要です。
18日はいわば宵宮の様なもので19日の方が本番ですね。
DSC_7186.jpg
門戸厄神です。駅からは人の流れに沿っていけばつくと思います。
この石段の数が42らしいです。男厄坂というのだそうで、一段一段踏みしめて厄を落とすのだそうです。


DSC_7189_20160118231255d1f.jpg
表門はかの震災で損壊し、立て直したのだそうです。


DSC_7190.jpg
中楼門に吊ってある大きな提灯には「厄神明王」の文字が


DSC_7195.jpg
右手がメインの厄神堂です。厄神明王が安置されています。


DSC_7199_20160118231258671.jpg
厄神堂の裏手に回ると奥之院


DSC_7200.jpg
DSC_7201.jpg

DSC_7208.jpg
延命根。御利益のありそうな巨大な木の塊です。


DSC_7214.jpg
柴灯大護摩が行われていました。


DSC_7215_201601182318265a3.jpg
DSC_7224.jpg
弓と矢


DSC_7239.jpg
りんぴょうとうしゃかいじんれつざいぜん……九字を切っていました。


DSC_7251.jpg
なんぞ呪文を唱えてはりました。


DSC_7256.jpg
点火


DSC_7259.jpg
モクモク


DSC_7261.jpg
すごい煙


DSC_7266.jpg
DSC_7272.jpg
煙で厄が払われそう


DSC_7278.jpg
途中の道、夜店がたくさん出ていました。


DSC_7285.jpg
門戸厄神駅は有人の臨時改札2つと有人の臨時切符売り場も設けられていました。
周辺の道路は自動車進入禁止になっていました。
関連記事
  1. 2016/01/21(木) 12:03:00|
  2. 兵庫県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<向野の秋祭り2015年10月7日・8日 | ホーム | 初嶋大神宮秋祭り本宮2015年9月21日>>

コメント

厄神祭

羽曳野からわざわざお越しいただきありがとうございます。

地元民なんで厄歳の折には御祈祷を受けましたが…地車がある六甲八幡や東明、魚崎あたりをぶらぶらしてます。

まあだんじりが出てるわけでもないんですが、六甲八幡は湯立て神楽が本祭のときあって終わると皆さん縁起物の笹に殺到されてますよ。

弓弦羽神社は御祈祷のさいに、名前に因んでか、弓の弦を鳴らします。


弓つながりでいえば、杭瀬の皇大?神社(小田地区の太鼓が宮入したりしてる、ここの宮司さんが小田地区を兼務)の節分は、弓祓いの神事をされ、尼崎では珍しいです。


厄神さんの火床をあらためて写真で拝見すると、安井金比羅さんのに似てるかな? 二人で問答しながら最後は火を点けるんですが、刀と弓矢を使ってたようですね。

話飛びますが、信太の聖神社のだんじりで、弓矢を後ろにしてたところがありましたね。

  1. 2016/01/21(木) 15:28:09 |
  2. URL |
  3. ジンジャー #-
  4. [ 編集 ]

Re: 厄神祭

ジンジャーさん

たまには地車の出ないかつお寺の法要も見てみたいなあと思い、ふらっと訪れました。

この時は問答は聞かなかったです。弓矢とか刀で邪気を払い、なんぞ呪文を唱えて、それから点火でした。
ところで弓矢で邪気を払うというのは弓の音であって矢ではなかったような覚えがあります。

杭瀬だったかの皇大神社に大門厳島の太鼓台が宮入りしてるのを見たことがあります。宮司さん繋がりだったんですね。

いつもいろいろな情報をありがとうございます。
  1. 2016/01/23(土) 00:08:41 |
  2. URL |
  3. カシトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/871-aff5dee8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数