祭りの写真など

畠田の秋祭り2015年10月18日

DSC_5706.jpg
↑火幡神社に宮入りする3基の太鼓台

2015年10月18日、奈良県は王寺町の旧畠田村地域の秋祭りを見てきました。
祭礼日:10月半ばの日曜日、3年に一度開催。次は2018年です。
アクセス:JR和歌山線畠田駅の西側地域

畠田の秋祭りは祭りの担い手の減少で3年おきの開催になっています。
3つの自治会:送迎(ひるめ)、小黒(おぐろ)、山上の各自治会から地車の屋根を載せたような太鼓台が出ます。
朝9時頃から各地区出発、11時前に白山姫神社に宮入、14時前に火幡神社に宮入、14時過ぎに畠田駅前、15時ころ山上公民館前駐車場。時間は目安です。おおかた時間は20分くらいの誤差があります。

昔は3年おきでなく、毎年の開催でした。台車に載せることはなくて全行程担いでいたとのことです。火幡神社の石段を上って宮入とかもあったそうです。次第に人手不足で隔年開催、3年おきの開催となったそうです。現在は担ぐことはありません。また、かつては同じく旧畠田村だった尼寺(にんじ)も合同で祭りをしていましたが、尼寺は香芝市に編入されたため別々で祭礼を行っています。尼寺も同様の太鼓台が出ます。

DSC_5709.jpg
山上自治会太鼓台


DSC_5710.jpg
小黒自治会太鼓台


DSC_5711.jpg
送迎自治会太鼓台。難読地名の多い奈良県内でも指折りの難読地名ですね。


DSC_5719.jpg
14時過ぎ、火幡神社を出発します。


DSC_5728.jpg
DSC_5731.jpg
DSC_5742.jpg
DSC_5752.jpg

DSC_5759.jpg
DSC_5774.jpg
14時半頃、JR畠田駅前に到着


DSC_5783.jpg
DSC_5821.jpg

大体17時ころには各地区とも巡行が終わったと思います。


DSC_5805.jpg
貼紙



DSC_5808.jpg
香芝市尼寺の厨神社。もともとは畠田村でしたが、尼寺のみ香芝市に編入されました。白山姫神社から南へ徒歩5分ほどです。
左にちらと写っているのが尼寺太鼓台の小屋です。上の3台と同様の形の太鼓台です。祭礼日はいつだったんでしょうか。



以下彫物

DSC_5662.jpg
DSC_5690.jpg
DSC_5692.jpg
DSC_5695.jpg
DSC_5713.jpg
DSC_5766.jpg
最後の写真は彫物師 浪速住人 長谷川亀造の銘が刻まれています。正面懸魚とはえらい目立つところに。

地車風の唐破風屋根を持つ太鼓台は奈良県内にはいくつかあるようです。
大和西大寺駅近くの菅原神社での担ぎあいや尼寺駅前の担ぎ合いにそのタイプの太鼓台が出ているというのを動画で見たことがあります。
関連記事
  1. 2015/11/11(水) 12:36:34|
  2. 奈良県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<上田原の秋祭り2015年10月12日 | ホーム | 和邇下神社秋祭り本宮2015年10月11日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/800-1faa8ee4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数