祭りの写真など

厳島神社秋祭り(枚方市尊延寺)2015年10月14日

DSC_3920.jpg
↑境内の様子

2015年10月14日、枚方市尊延寺にまします厳島神社の秋祭りを見てきました。
一枚屋根のだんじりが一台あります。曳行されずに境内に出されるだけです。
祭礼日は今のところ毎年10月14日のままです。

アクセス:京阪枚方市駅、JR津田駅、JR長尾駅などから京阪バス「穂谷」行きか「穂谷・天王」行きに乗車し「尊延寺」バス停下車
DSC_3922.jpg
尊延寺だんじり
一枚屋根式です。


DSC_3923.jpg
DSC_3924_2015101513233393c.jpg
DSC_3928_20151015132334bc8.jpg
獅子噛、懸魚、木鼻のみ彫り物があります。どこかで見たことのある顔ですねえ、獅子噛。
破風は真中で継いであるタイプ。


DSC_3934.jpg
上と反対面の獅子噛など。どちらが前なのか分かりません・・・。


DSC_3929.jpg
木鼻


DSC_3930.jpg
だんじりには幕がかけられています。厳島神社には末社の春日神社があるのでその神紋である下がり藤が入っているのでしょうか。
車板などの彫り物はないです。


DSC_3932_20151015132539369.jpg
天井は格子、二軒垂木で垂木の間隔は垂木の幅の2倍くらいでしょうか。


DSC_3937.jpg
太鼓の置き方だけを見ると太鼓台ですね。かなり大きい太鼓です。土足で上がるので砂だらけ・・・。


DSC_3948_20151015132542562.jpg
もう一度姿見。


DSC_3950.jpg
泥幕。綱を付ける穴がありますね。


DSC_3951.jpg
側面。平の方が長い長方形平面ですので、これは一枚屋根のだんじりでしょう。太鼓台は原則として正方形です。


DSC_3955_2015101513310548d.jpg
勾欄、担い棒。さすがに勾欄の地覆まで省略されていませんでした。最低限必要な要素までは省略されなかったようです。





DSC_3938.jpg
DSC_3947.jpg
厳島神社末社、春日神社の本殿です。一間社流造。檜皮葺き。
国の重要文化財です。(家に帰ってから初めて知りました)
庇部分などは改修されているそうですが、室町時代後期の様相をよく残しているようです。



DSC_3940.jpg
彩色がなされているのは文化財指定の時に修復されたものです。


DSC_3941.jpg
神社建築には一般的に見られますが、神の領域は正式で、人の領域は略式で、区別しています。
角柱は略式なので人の入ってくる庇部分は角柱になっており、神の領域である母屋は円柱が使われています。
その角柱はわずかに面取りされているようにも見えます。面取りすることで柔らかい印象にすることと、斜めから見たときの見た目の太さを細く見せられます。


DSC_3943.jpg
屋根は神社建築では一番格式の高い檜皮葺きです。檜皮、茅、杮(こけら)の順になります。(伊勢の神宮などは茅葺きですが別格)。維持管理の面から現在では銅板葺きが多くあります。
横から屋根を見ると正面に伸びた庇によって「へ」の字の形になっています。
流造は切妻屋根、平入りで正面に屋根が伸びて庇になっているものです。
庇は木の階段などを雨から守ったり、人がお参りするときの拝殿のような役割を持つので流造は実用性が高く、しかも一間社から建てられるので日本全体の本殿のうち7割は流造とも言われています。

ちなみにこの御本殿は元はこの厳島神社の本殿だったもののようです。厳島神社本殿が新しく建てられるときに横に移築されて
春日神社となったようです。




DSC_3944.jpg
こちらが厳島神社の御本殿です。一間社春日造。
春日造は奈良の春日大社に代表される建築様式ですね。ごくまれに三間社が存在するものの、原則として一間社です。
切妻屋根、妻入、正面に庇があります。


DSC_3945_20151015134746c76.jpg
横から見るとよく分かりますね、神の領域である母屋は円柱かつ繁垂木、人の領域である庇は角柱かつ疎垂木になっています。組物は使われておらず、それに準じた「舟肘木」が使われています。



DSC_3957.jpg
境内の様子。17時ころから模擬店、福引、ビンゴゲームなどが始まりました。テキ屋はなく、町内会や子供会や消防団などで祭りを運営されているようです。
関連記事
  1. 2015/10/17(土) 01:19:36|
  2. 北河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<江坂神社秋祭り本宮2015年10月15日 | ホーム | 枚岡神社秋郷祭、豊浦地車曳行2015年10月14日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/775-41d35e9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数