祭りの写真など

誉田八幡宮例大祭、お渡り 2015年9月15日火曜日

DSC_1203.jpg
↑放生橋。この向こうは応神天皇陵(惠我藻伏崗陵:えがのもふしのおかのみささぎ)で、御旅所は天皇陵内にある。

2015年9月15日、羽曳野市誉田八幡宮の例大祭、御渡りが執り行われました。
誉田八幡宮の隣には八幡大神である応神天皇の御陵があり、御陵内にある御旅所への渡御があります。
応神天皇陵は宮内庁管轄のため、一般人の立ち入りも学術研究の立ち入りもできませんが、年に一度の例大祭の神幸祭のときに行列に随伴してお参りする形で限定的ながら一般人も天皇陵の敷地に足を踏み入れることができます。

八幡神と同一である応神天皇の御陵がある誉田八幡宮はきっと権威があったことでしょう。清和源氏など武士からは武運の神として篤く崇敬され、国宝である神輿は源頼朝による寄進と伝えられます。応神天皇の陵墓ということもあって昔々には天皇は一度は誉田宮にお参りに来るとか、行基や弘法大師も訪れたとかいう話が残っているようです。
第十五代応神天皇には異称も多くあり、誉田天皇や諱(いみな)である誉田別命/品陀和気命(ほんだわけのみこと)や、神宮皇后の胎内ですでに天皇になることが運命づけられていたことから胎中天皇など。また八幡神と同一とされて八幡大菩薩、八幡大神とも呼ばれます。
ちなみに、八幡神とは三柱の神様の総称で、応神天皇、神宮皇后、比売大神を合わせて八幡神としますが応神天皇だけで八幡神とすることも少なくないです。また、まれに八幡を名乗る神社であっても八幡神ではなく応神天皇の子息である仁徳天皇を祀る神社もあったりします(城東区蒲生の若宮八幡大神宮など/応神天皇の若宮=仁徳天皇)。

DSC_1213_20150916101255c1f.jpg

DSC_1229.jpg
19時過ぎ王水町の地車が出てきました。毎年、例大祭の日に境内だけ曳いているようです。
鉦を新調したみたいです。


DSC_1233_2015091610125795b.jpg
屋根の上からシャボン玉の演出です。紙ふぶきと違って片づけの必要がないのはいいですね。


DSC_1242_2015091610125943b.jpg
DSC_1245_20150916101300bce.jpg
鳥居に頭を下げてから、宮入です。


DSC_1251.jpg
DSC_1260_201509161016264ea.jpg
拝殿前で30分くらい頭を下げて、こりゃせーという掛け声でにぎわっていました。


DSC_1289_20150916101514257.jpg
1台だけとはいえ、地車が出るのはいいですね。昔は誉田さんも9月14日・15日に地車を出していたような気がします。



DSC_1299_20150916101515121.jpg
19時40分ころ、地車が鳥居よりも後ろへ下がって、神輿奉仕の方々が社務所から参進なさる。


DSC_1305_20150916101516b9e.jpg
19時50分ころより神輿発輿の儀式始まる。神遷しのときは全ての灯りが消され、厳かな雰囲気で神事が進行しました。


DSC_1318_20150916102048802.jpg
20時出発
猿田彦(天狗)、真榊などが続き、その後ろに御神輿、最後はご神灯です。
列に太鼓がないのは境内から出ないからでしょうか。


DSC_1322.jpg
源頼朝公の寄進とされる神輿。国宝です。
社殿型神輿というよりは鳳輦型の神輿ですね。前後5人ずつ10人で担いでいます。


DSC_1334_20150916102051136.jpg
神輿の下をくぐると御利益があるそうで長蛇の列でした。2か所で行われました。


DSC_1342_20150916102052134.jpg
御陵内へ渡御します。一昔前までは左の太鼓橋(放生橋)を渡っていたそうですが、橋の老朽化から近年では隣の新しい橋を渡っているようです。往古は後円の頂きにあった御堂まで渡御していたそうですが、現在は内濠手前までです。御神輿の後を一般参拝者もあとをついて御陵内に入ることができます。
このあと御旅所で神事がありました。玉串奉納の際、祭主の次は宮内庁のお役人さん、市長、市議会議員、水利組合、各町の代表者・・・と続きました。時間は50分ほど。


DSC_1353_20150916102053ad2.jpg
御陵内にある御旅所で御旅所祭を終えた神輿が帰ってきました。21時頃です。


DSC_1361_20150916102633a15.jpg
この後、本殿前にて還御の儀式が行われ、渡御は完了します。


一般的には、御神輿のお渡り・渡御というのは、年に一度のお祭りの時に神様に氏地を巡回してその様子を見てもらうとかいう意味合いもあると思うんですが、誉田さんでは神様が自分のお墓に帰るという構図であるのが興味深いです。神社の敷地から一歩も外へ出ないんですね。また、限定的とはいえ宮内庁管理の天皇陵に合法的に入ることができるのは全国でもここだけです。暗闇の中、儀式が進むというのも厳かでいいです。御神体を御神輿に遷すのはできるなら見られない方が良いものだと思います。天神祭なんかは昼日中にご神体を遷しますが、杭全神社は11日の深夜に灯りをすべて消して宮司の手によって遷されるそうです。神の威厳とかいうものは見られないということによって保たれる面もあると思うので、そういう意味でも誉田八幡宮の例大祭のお渡りは古式ゆかしいお祭りと言えるでしょう。
関連記事
  1. 2015/09/16(水) 10:00:29|
  2. 南河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<春木地区第2回試験曳き2015年9月18日 | ホーム | 開口神社八朔祭本宮のふとん太鼓の宮出2015年9月12日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/736-5b376d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数