祭りの写真など

石切剣箭神社夏季大祭、3日目、納撓 2015年8月4日

DSC_0685_20150805144859871.jpg
↑4日12時半の宮出のあと、楼門前で休憩中の太鼓台。今年は担い棒が改修された。

2015年8月4日、東大阪市石切神社の夏祭りを見てきました。
祭礼日:8月2日~4日
アクセス:近鉄石切駅から徒歩15分、新石切駅から徒歩10分

石切神社の夏祭りは当番制で4町あるうちの1町の太鼓台が出ます。今年は日下町でした。
当番の順は・・・・・・→芝→植附→日下→辻子→芝→・・・・・・なので来年は辻子です。
夏に出なかった残る3町は10月の秋祭りに出ます。ゆえに4台の太鼓台が同時に出ることはありません。
夏祭りは2日が宵宮、3日が本宮、4日が後縁みたいな感じです。
2日は大幣神事宵撓(よいだめ)と太鼓台の町内運行
3日は神輿渡御、大幣神事本撓(ほんだめ)、太鼓台宮入。太鼓台は一晩境内に留め置きです。
4日は太鼓台宮出、大幣神事納撓(おさめだめ)、例大祭。

以下3日目の太鼓台宮入、納撓、太鼓台宮出の写真
DSC_0702_20150805145152500.jpg
14時、宮入。


DSC_0705_2015080514515483b.jpg
クラッカー


DSC_0715_201508051451553c6.jpg
DSC_0721_20150805145156757.jpg
DSC_0729_20150805145157b8b.jpg

DSC_0736_20150805145257bb7.jpg
DSC_0749_20150805145259893.jpg
さしあげ、すこし安定性に欠ける


DSC_0790_20150805145301222.jpg
もう一度差し上げ、最後の力を振り絞った感じでした。
これで宮入の担ぎは終わり、つぎは大幣神事、おいためです。

DSC_0806_20150805145302983.jpg
15時から大幣神事、納撓。本撓は本殿に向かってやりますが、納撓は拝殿横でやります。


DSC_0811_20150805145304ec9.jpg
長い大幣を水平に持っていく、重たそうです。力比べですね。


DSC_0824_20150805150154d89.jpg

DSC_0849_20150805150155e83.jpg
水平に保ちつつ進んでいく、大幣神事。
大幣神事及び大幣そのもののことを氏子の間では「オイタメ」とか「オイダメ」とか「オイタミ」と呼びます。漢字で書くと「御撓め」でしょうか。撓む(いたむ・たわむ)。


DSC_0897_201508051501569cf.jpg
この神事を奉納した人は認定状が授けられます。
一番、二番、三番の3つの大幣があり、それぞれ撓者1人とスケ(介添え人)2人の合計9人。


DSC_0908_20150805150159e62.jpg

DSC_0927.jpg
3日には大幣神事に先立って、4町のお迎え提灯の宮入もあります。4日は宮出。
当番町はお迎え提灯を壊すのが通例かしら?


DSC_0949_2015080515064519e.jpg
15時半、太鼓台宮出


DSC_0964_2015080515064686a.jpg
DSC_0968_20150805150647866.jpg
DSC_0983_2015080515065038f.jpg
太鼓台の担ぐときの掛け声は「ささ、ちょーさじゃ」です。バリエーションで「くさか、ちょーさじゃ」とか「(人名)、ちょーさじゃ」とか。


DSC_1001_20150805150650c7d.jpg
30分ほど遅れて大仏方面へ上っていきました。

この後は辻子小屋前などを通ってから自町会館で夕食、自町の丹波神社へ宮入して夏祭りは終わります。

関連記事
  1. 2015/08/06(木) 08:47:53|
  2. 中河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<伝法の夏祭り宵宮2015年 | ホーム | 貴布禰神社夏祭り、宮入2015年8月1日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/696-a019a943
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数