祭りの写真など

御座船地車:元・安立七丁目地車 大阪歴史博物館9階常設展示

DSC_0752_20150221134359af7.jpg

大阪歴史博物館9階に常設展示されている御座船だんじり。御座船というのは帝や将軍が乗る豪華な船のことです。
もともとは安立七丁目(現在の住之江区安立町あたり)で曳行されていたもので昭和51年(1976)に大阪歴史博物館に寄贈されたようです。
安立町は1889年に町村制として独立した自治体でした。のちに住吉郡安立町を経て東成郡安立町となり、1925年の第二次大阪市域拡張で周辺の町村とともに合併され大阪市住吉区になります。1974年に住吉区は分割され住之江区が誕生すると住之江区安立町となり現在に至ります。
ちなみに現在の行政地名としての住之江区安立町は4丁目までです。

以下、展示品の説明文引用


御座船地車(ござぶねだんじり)
大坂の町やその周辺の村々では、近世から夏祭りなどの祭礼に「だんじり」(地車・車楽などと表記)とよばれる山車が曳行されてきた。この御座船地車は、昭和30年(1955)頃まで旧安立七丁目町会(現 住之江区)が止止呂支比売命(とどろきひめのみこと)神社(若松神社)の秋祭りに出していたもので、寛政年間(1789~1801)に地車大工と船大工が製作したと伝えられる。船型の地車は市内でも類例が少ないが、安立町は住吉大社の氏子地域でもあり、海神住吉大神に因んだ形態と考えられる。



以上、引用終わり

以下写真など


DSC_0665_201502211407593a2.jpg

正面方向。船型の山車というのは正面方向から見るとイメージよりも細く感じられますね。
大船鉾や船鉾を見た時の印象もそんな感じでした。
右には高張提灯が見えます。


DSC_0666_201502211408016a4.jpg

御幣はここについてます。


DSC_0687_20150221151950a10.jpg

正面で圧倒的存在感を放っている出人形。
三韓征伐 如意宝珠を海中に投げ入れる武内宿禰
この地車の彫物は三韓征伐で統一です。


DSC_0670_20150221140803cb3.jpg

地車正面には階段がついています。地車ではあまり見られませんが、山車に階段がついているのは思いついただけでも滋賀県日野祭の曳山や三重県の石取祭車などあるので珍しいものではないかもしれないですね。


DSC_0669_20150221140802e17.jpg

担い棒は両側側面にのみついており、前後にはついていません。
勾欄が彎曲しているのが本当に目を引きますね。


DSC_0673_20150221140805e1a.jpg

足回りは波の模様で占められています。船が海に浮かんでいるかのよう。
泥台の両端はしかし波頭の形で処理されていないですね。住吉型地車では波頭になっていることが多いですが。
手前の棒は後ろ梃子。


DSC_0676_201502211418131b5.jpg

前の妻台(妻面側の泥台)
本当に船を台車に載せたような形になっていますね。そのため何か所かで生じる隙間はどこも斜めの彫り物で埋められています。


DSC_0690_20150221141815607.jpg

正面獅子噛。
相野藤七の作風・・・らしいですが私はあまりわからない!


DSC_0703_201502211418166f8.jpg

後面獅子噛。手のひらをかざして(もちろんさわってない)およその幅を測ると大体60センチくらい。
こちらはあきらかに正面の獅子噛と顔が違うのが素人の私のもわかります。
小松源助の作風らしい。。。
彫師は工匠については勉強必須ですわ。


DSC_0705_20150221141817601.jpg

後姿。
船ですね。曲線は船大工の領分だったのでしょうか。
獅子噛の大きさが目を引く。


DSC_0707_2015022114181915c.jpg

後面下部。


DSC_0744_20150221145228788.jpg

ぶれぶれで申し訳ないですが、この地車には小屋根がありません。
一枚屋根御座船型地車とかいう、特殊形態の地車・・・。


DSC_0714_20150221151103b82.jpg

側面。
船の構造は全然知らないのでなんともいえないですが、後ろの隙間からのぞいたら内部はなんかごちゃごちゃしてましたね。たぶん船と地車の合体だから双方の構造体が絡み合ってごちゃごちゃしてるんでしょう。。。
船の曲線は地車にはほとんど見ない。

ところで後ろの幟は「御祭礼」かと思ったら「御座船」なんですね




DSC_0747_20150221145229923.jpg

ほかの展示で気になったのは浄瑠璃の人形の構造。
「これがマジンガーZのパワーのヒミツだ!」
的な、子供向けのロボット解剖図を思い出したのは私だけでしょうか。
クジラのひげ。

最後に、この記事を書くにあたって河内の銘太鼓台さん(http://blogs.yahoo.co.jp/danziri_2012_0711)の旧安立七丁目だんじりの記事(http://blogs.yahoo.co.jp/danziri_2012_0711/18126416.html)を参考にさせていただきました。
ありがとうございます。

DSC_0732_20150221145227e97.jpg
関連記事
  1. 2015/02/21(土) 15:32:36|
  2. 博物館・展示物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<北萱町祭車修復披露会、三重県鈴鹿市、2015年3月7日 | ホーム | 国立民族学博物館と吹田市「浜屋敷」>>

コメント

わざわざご表示ありがとうございます。
僕も掲載しましたが相野一門と小松一門が彫を担当し、地車大工と船大工が制作したなんてすごく豪華ですよね。
天満宮の三ツ屋根地車や安立町の船地車にせよ昔の大阪には立派なだんじりが多く存在した様ですね。
それはふとん太鼓も一緒で、大寺さんの新在家先代太鼓台は総黒檀やったそうで…
昔の祭りに行ってみたいですわ♪
  1. 2015/02/24(火) 22:55:49 |
  2. URL |
  3. 河内の銘太鼓台 #-
  4. [ 編集 ]

河内の銘太鼓台さん、いつもありがとうございます。
スピーカー・鉦導入前の南河内の祭りとか、昔の祭り見に行ってみたいですねえ。
  1. 2015/03/08(日) 23:58:59 |
  2. URL |
  3. カシトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/551-d7b0ebfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (896)
大阪市 (293)
南河内 (108)
中河内 (102)
北河内 (35)
摂津 (29)
泉州 (83)
兵庫県 (175)
奈良県 (44)
その他地域 (27)
のりもの (183)
鉄道 (59)
船 (48)
バス (72)
飛行機 (3)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (18)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (59)
寺社探訪 (0)
散策 (35)
風景 (15)
連絡・雑記 (34)
外出先 (34)
猫 (0)
撮影地 (1)
まとめ (16)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 平野区 春祭り 枕太鼓 試験曳き 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 尼崎市 福島区 藤井寺市 八尾市 神輿 豊中市 大太鼓 獅子舞 入魂式 守口市 盆踊り 梵天太鼓 生野区 東住吉区 灘区 近鉄 西淀川区 宝塚市 鶴見区 屋台 旭区 南大阪線 西宮市 松原市 都島区 城東区 大東市 吹田市 河内長野市 神戸市 天王寺区 芦屋市 試験担ぎ 加西市 宇陀市 富田林市 池田市 岸和田市 東成区 神事 博物館 橿原市 垂水区 姫路市 滋賀県 山車 泉南市 やぐら 夜店 太鼓枠 奈良市 住吉区 大阪市北区 淀川区 此花区 広陵町 伊勢神宮 中央区 曳山 石取祭 大和高田市 淡路市 西成区 小牧市 風景写真 京都 堺市北区 ふとん屋台 川西市 名古屋市東区 鉄道 枚方市 祭車 制動テスト 昇魂式 三郷町 伊丹市 港区 東淀川区 香川県 高松探訪 門真市 だんじり 四条畷市 木津川市 浪速区 貝塚市 三重県 和歌山県 泉佐野市 だいがく 京都府 茨木市 播磨 北播 臨時列車 三木市 名古屋 布団屋台 加東市 兵庫区 奈良県 明石市 淡路島 完成式 宇治市 大和郡山市 十日戎 阪南市 三田市 大正区 藤井寺 京都訪問 西区 河南町 葛城市 山鉾 やぐら(泉州) 風景 住之江区 大津市 桑名市 展示物 お木曳き 竣工式 天理市 神額 高松 ふとん太鼓 美原区 王寺町 神社 バス 御白石持行事 名古屋市 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数