祭りの写真など

生野神社地車講地車抜魂式、2015年2月1日

DSC_0314_20150201213009987.jpg

2015年2月1日、生野神社地車講の地車売却に伴う抜魂式(昇魂式)とおわかれ曳行が行われました。
生野神社地車講の地車は通称:舎利寺と呼ばれていますが、生野神社地車講と言う方が正確です。
舎利寺と地車講の関係がどうあるのか詳しくないのであります。

この地車は河内長野市滝畑で長い間曳行されていなかった堺型地車をベースに、こちらもまた曳行休止していた東大阪市深江新家の部材を一部使用して改修したもので、もともと擬宝珠勾欄堺型地車だったものを大阪型風に改造しています。
改修前の地車の写真は上地車新報様のHPに、深江新家地車の搬出の様子は新森若葉会様のHPに掲載されています。深江新家地車は後ろ梃子、摺り出し鼻つきで、大和型等に見られる段差勾欄、小屋根下の勾欄が一段下がっていたのですね、興味深いです。現存しないのが残念です。

生野神社地車講がこの地車を曳行し始めたのが5年位前だったかな・・・、結構短期間でよそに行ってしまったのですね。
結局、私は2014年の夏祭り宵宮の昼にお囃子をしているのを見たっきりでした。

嫁ぎ先は柏原市上市。柏原駅前の黒田神社の氏子だったかな。古町と隣接、JRと道明寺線の線路で地区が分割されています。小さい子供だんじりを夏に曳行しているそうです。このだんじりは継続して保管するそうです。
小屋はまだ用意できていないそうで、倉庫を借りて一時保管するそうです。
ちなみに生野→上市の地車輸送は2月8日とのこと、直接運ぶそうです。

生野神社地車講は堺市大鳥神社の野田区先代地車を購入したとのこと。野田区先代地車の昇魂式は平成24年に行われ、以降は会館敷地内の小屋に保管されていましたが、やはり地車は曳行されてなんぼということで売却となったそうです。大阪市内だとやりまわしはないですから傷みもひどくはならないだろうとのこと。

で、写真なんですが、盛大に寝坊をしてしまいまして、昼の片づけしか見れてないです大失態!

DSC_0335_20150201215203593.jpg

再び小屋が開けられて姿を現した生野神社地車講の地車。寝坊で曳行は見られませんでしたが片づけのところに私到着。
町の人曰く、おわかれ曳行・昇魂式が終わっていざ片付けようと思ったら、人が多すぎたので小屋にいったん納めて人が少なくなるのを待ってからもう一回片づけのために出したとのこと。
運がいいのか悪いのか!いや、だんじりみられただけでもうれしやうれしや!!


DSC_0339_201502012152067e3.jpg

パッと見では大阪型に見えるシルエットですが、腰回り8本柱でうち6本が屋根までの通し柱となっています。
正面泥板には閂(引き出し式の担い棒)の取り付け穴が残っています。もとは火燈窓風だったようですが、改修で下部をカットし短縮しています。泥板の中央下部の円弧状の隙間はその名残。
小屋根は跳ね上げられるようになっています(今は固定されています)。
堺型だったの名残が多くありますね。
いろいろ調べていると、HP「旭が丘のだんじり」様にいろいろと記述がありました。
要約すると、柏原市旭が丘地車、八尾市西郡地車(先代・現存せず)、大和高田市高田地車、そして原型時代のこの地車は構造に共通点が多く、高田地車には「木村源平」の墨書きがあることから、これらの地車は住吉の地車大工・《萬源》木村源平の作と思われる。ということです・・・ってこのあたりはもう当たり前に周知のことらしいですが。汗


DSC_0344_20150201215205e96.jpg

後姿。堺型なら後ろ梃子のための穴があるはずですが、改修時に台木を交換したみたいな。
こちらを向いている木鼻は深江新家由来のもの。もとは摺り出し鼻がありました。


DSC_0362_20150201215205610.jpg

そうこうしてるうちに片づけが始まりました。
個人的に勝手に思ってた、ここの地車一番の特徴である正面の丸い提灯が外されました。
この提灯の付き方ってあんまり見ないと思います。


DSC_0370_201502012152067f9.jpg

御幣がはずされ正面獅子噛が拝めました。この獅子噛と小屋根の獅子噛は深江新家由来のもので、大屋根後ろのものがこの地車もともとのものです。
太鼓蔵についている獅子噛はこの地車もともとのものです。


DSC_0377_20150201220055288.jpg

DSC_0380_20150201220057963.jpg

擬宝珠カバーは白い靴下です。


DSC_0390_20150201220057cd5.jpg

大太鼓がおろされます。かなり大きいですね。


DSC_0395_20150201220059a28.jpg

DSC_0398_2015020122010190f.jpg

DSC_0402_20150201220308e25.jpg

DSC_0411_20150201220310eaa.jpg

DSC_0415_20150201220311070.jpg

新築した地車小屋に納められて、この日は終了です。

ツイッターにて情報提供くださったお二方に感謝。
関連記事
  1. 2015/02/01(日) 22:05:36|
  2. 大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<名塩正八幡宮秋祭り宵宮、2014年10月18日 | ホーム | 流組による注連縄上げ、平野区杭全神社 2015年1月3日>>

コメント

撮影お疲れ様でした。
うまい具合に入れ違いになってしまい、お話できなかったのが残念です…
野田の先代を購入するみたいですが、ちょっと人数が少ないのではないのかと心配です。
また入魂式は覗かせてもらうと思います!
  1. 2015/02/02(月) 07:48:53 |
  2. URL |
  3. 河内の銘太鼓台 #-
  4. [ 編集 ]

河内の銘太鼓台さん、コメントありがとうございます。

本当にうまい具合に入れ違いだったみたいですね。またお会いしましたらよろしくお願いします。

人数少なそうとはいえ、ただ練り歩く分には大丈夫とは思いますが、一気に重たいダンジリになりそうですね。
  1. 2015/02/02(月) 20:36:24 |
  2. URL |
  3. カシトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/540-c3ec7f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数