祭りの写真など

吹田市山田の伊射奈岐神社の秋祭り、2018年10月7日

DSC_2405_2018101912130192a.jpg
↑こちらの神社は別名が五社宮ともいうそうで、5基のお神輿なのでしょうか。

2018年10月7日日曜日、大阪府吹田市の山田伊射奈岐神社の秋祭りを見てきました。
開催日は例年10月連休の日曜日(体育の日の前日)です。
こちらの秋祭りの主役、「山田伊射奈岐神社太鼓神輿」は吹田市の地域無形民俗文化財(登録文化財)になっています。
太鼓神輿という屋根や装飾のない、簡易な形の太鼓台が出ます。太鼓台本体は無装飾ですが、太鼓を叩く乗り子は花笠をかぶっていて衣装も華やかです。
太鼓神輿のほかに猿田彦、子供神輿も巡行します。太鼓神輿は神輿の先触れ・露払いとしての役割があるようです。


公式サイト等
・山田伊射奈岐神社太鼓神輿保存会Facebook:https://ja-jp.facebook.com/izanagitaikomikoshi/
・伊射奈岐神社公式サイト:https://www.izanagi-jinja.jp/
DSC_2391_2018101912125996f.jpg
朝7時前、乗り子さんが担ぎ手さんの方に担がれて神社へ向かっているところを見かけました。
「車で行けばいいのに」「こうやって歩いて行くことに意味があるんやで」という乗り子さんと親御さんの会話が聞こえてきました。


DSC_2398_2018101912130036d.jpg
7時頃、神社に着くと呼び込み太鼓が響いていました。打ち込み太鼓とも言うらしい。
その建物は太鼓部屋といい、太鼓神輿の蔵です。


DSC_2406_2018101912130320e.jpg
続々と乗り子さんたちが神社へやってきます。
神社は高台にあり、どの参道も坂か石段です。


DSC_2408_20181019121304169.jpg
太鼓神輿です。これはたぶん旧本村枠、太鼓が吊ってありませんが、夕方の神社前練りで使われるはず。
太鼓台の形態としては太鼓を載せる台に担ぐための棒が取り付けられただけの簡素なものです。


DSC_2409.jpg
担ぎ棒の縦棒と横棒を結ぶ綱の結び目が特徴的でした。装飾的な意味があるのか、実用的な意味があるのか。


DSC_2415_20181019121307fde.jpg
迎え太鼓で担ぎ手さんたちがヤーという掛け声とともに石段を駆け上がってきました。
担ぎ手さんは大阪府下では珍しくなった締め込み・ふんどし姿です。


DSC_2418.jpg
たくさんの担ぎ手さん。太鼓神輿は旧来の村落を巡るものとニュータウンを巡るものの2基あります。それでも多いように感じられます。


DSC_2420.jpg
担ぎ手さんが境内に集まると神職によるお祓い
この太鼓はニュータウン巡行のもの。


DSC_2421_20181019125607554.jpg
太鼓部屋の戸を少し開けて、旧村落巡行の太鼓もお祓いを受けます。


DSC_2424_201810191256093bc.jpg
一連のお祓い、神事も終わって巡行出発準備。猿田彦さん、介添えの人なくお一人で急な参道を下りて行ってはりました。


DSC_2427_20181019125611a6d.jpg
この坂(に附属の石段)を猿田彦さん一人で降りていくのはちょっとひやひや
お神輿が巡行へ出発していきます。5基あります。
ニュータウン巡行の太鼓も出発していきました。


DSC_2429_20181019125613897.jpg
太鼓の乗り子さんの移動用車両……


DSC_2431_201810191256146f6.jpg
8時半、「かきだし」のために乗り子さんと担ぎ手さんが太鼓部屋に向かいます。


DSC_2432_20181019125615327.jpg
太鼓部屋へ
皆さんが入ると戸がぴしゃりと閉められます。


DSC_2434_20181019125616e21.jpg
しばらくしてヤーという掛け声が聞こえると、太鼓部屋の戸が勢いよく開き、太鼓が駆け出してきました。
すぐに戸は閉められます。
八尾市の弓削神社の夏祭りで神輿が拝殿から出てくるときに似ていますね。


DSC_2438_20181019125618bc3.jpg
乗り子「アー、オンジョイ、オンジョイ」、担ぎ手「ア、エッサ、エッサ、エッサ、エッサ」の掛け声
この後、拝殿前でさしませ(差し上げ)


DSC_2444_201810191256209e9.jpg
右に写りこんでいる丸太は宮入の時に行われる「木当たり」という行事の時に、太鼓を当てるためのものです。


DSC_2445_201810191256215ab.jpg
担ぎ手はエッサの掛け声に合わせてスキップするような足運びをします。


DSC_2448_20181019132941cc9.jpg
参道、石段を下りてきます。
坂、橋を通る時は担ぎ手「ドーオン、ドーン」、乗り子「シッカリセ」の掛け声の掛け合いになります。
掛け合いはありませんが同じく吹田市の佐井寺伊射奈岐神社の太鼓でも「シッカリセ」の掛け声が聞かれます。


DSC_2452_20181019132942229.jpg
橋も渡ります。


DSC_2456_201810191329441c5.jpg
神社から出てきました。
鳥居はこの前の地震か、台風かで撤去されてしまったようです。台風被害と言えば吹田市蔵人稲荷神社は秋祭り中止でしたね。


DSC_2460_201810191329459d6.jpg
神社前交差点付近で乗り子と担ぎ手の交代です。「かきだし」の担ぎ手・乗り子は5地区で持ち回りのようです。宮入も同様。
担ぎ終わりの時に手打ちがあります。
大阪手打ちにも似ている手打ちなのですが、「うちませ」で始まる独特の手打ちです。
「大阪手打ち研究会」ツイッター:https://twitter.com/oosakateuti/status/1048869623301529601


DSC_2463_20181019132947548.jpg
道中、何度か「さしませ」があります。


DSC_2467.jpg

DSC_2469_20181019132950244.jpg
道中、何度も担ぎ手・乗り子の交代があります。5地区で1つの太鼓を担ぎ継いでいきます。たぶん、地区の境界あたりで交替しているようです。
乗り子は地面に足を付けてはいけませんので、台に乗って待機しています。地域によっては御座を敷いていればセーフだったりしますが、かなり厳格ですね。
乗り子は花笠という笠を被り、衣装も色とりどりで派手ですね。




開催日:10月第2月曜日(体育の日)の前日
タイムスケジュール
宵宮:触れ太鼓の巡行。トラックに太鼓をのせて翌日の祭りの到来を触れ回る。
本宮
7時頃、呼び込み太鼓、乗り子が各地区から順次神社に集合
7時半頃、迎え太鼓(担ぎ手が境内へ入ってくる)
 神事、お祓いなど
8時半、太鼓かきだし ☆見所その1
 出発後は概ね山田川に沿って巡行。まずは上流へ向かい中地区、中央環状線の手前で下流方面へ転進(10時頃)、上地区、別所地区、小川地区、下地区、下地区市場の順に巡行。市場池公園辺りで転進して神社方面へ。
16時、神社前で五連太鼓 ☆見所その2
16時半頃、神社前で太鼓2基の練り合い ☆見所その3
18時頃、太鼓宮入 ☆見所その4
続けて太鼓の木当たり ☆見所その5

太鼓は本村枠、旧本村枠、周辺地区枠の3つあります。巡行に使われるのは本村と周辺地区の枠で、旧本村は夕方の神社前での練り合いで使われるみたいです。
太鼓部屋からの「かきだし」、宮入後の「木当たり」を行うのは本村の太鼓のみで、周辺地区枠は境内までは入りますが木当たりは行いません。
太鼓の巡行は道中何度も担ぎ手・乗り子が交替して担ぎ継いでいきます。基本的に神輿は太鼓の後ろをついていきます。
担ぎ手の衣装は各地区で差異がほとんどありませんが、腕に巻いた布の色は各地区によって違うようです。
周辺地区の太鼓巡行は基本的に台車巡行で、担ぐ場面もあります。乗り子の衣装は本村枠の乗り子の衣装よりも簡易化されて法被姿に花笠を被る場合があります。
太鼓は前後7人ずつ計14人で担ぐのが基本で、スペースの関係で多くても20人くらいまで?
棒張りと呼ばれる人が旧山田村各地区2人の計10人いて、太鼓の進行方向を操っています。
関連記事
  1. 2018/10/20(土) 06:05:32|
  2. 摂津
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐井寺伊射奈岐神社秋祭り、太鼓巡行、2018年10月7日 | ホーム | 小田太鼓会昼の演技、2018年10月7日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1476-fe003abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数