祭りの写真など

川辺八幡神社秋祭り本宮、2018年9月16日、昼の部

DSC_1784_201809170015235b4.jpg
↑拝殿前に据え置かれた神輿

2018年9月16日日曜日、大阪市平野区、川辺八幡神社の秋祭り本宮、昼の渡御を見てきました。
祭礼日は毎年9月の連休の土日、岸和田だんじり祭りと同日程です。岸和田が土日になるかならんかの頃までは9月14日と15日だったそうです。八幡系は9月15日のところが多いですね。

昼の渡御は14時過ぎくらいから17時くらいまでかけて神社→町内北側の公園→大和川堤防上の御旅所→神社という経路で猿田彦、提灯、神輿、太鼓台の行列が巡行します。猿田彦は公園までで帰るみたいですが。
渡御に先立って各団体がそれぞれの集合場所から高張提灯を先頭にして「げんばやし」を歌いながら道中で合流しながら神社へ向かいます。渡御の終わりも歌いながら鳥居を過ぎて手締めで解散。
「げんばやし」はめでたい唄で歌詞は全国の祭礼唄とかそういう民謡で聞かれるようなものでした。

太鼓台は男性が担ぎ、神輿は女性が担ぐようになっています。巡行は原則として全行程担がれます。
太鼓台の乗り子は男子で、地面に足を付けないように肩車をされます。また太鼓台巡行中は勾欄にさらしで体を固定されます。
だんじりは女子も乗ることができるようです。ただしだんじりは渡御には参加しません。

DSC_1785_20180917001525704.jpg
梶内だんじり製の子供だんじり。渡御には参加しません。


DSC_1786_201809170015273a9.jpg
太鼓台です。川辺は平野区でも八尾市に近いところですが、太鼓台の形態は八尾市というより大阪市の太鼓台の方が近い形してるかもしれません特に担い棒。


DSC_1795_20180917001532353.jpg
タガヤと雲板が共存しています。


DSC_1790_20180917001529197.jpg

DSC_1788_20180917001528dcc.jpg


DSC_1794_201809170015312b6.jpg
太鼓の乗り子さんは体を太鼓台に固定されます。
大阪だと珍しいような?


DSC_1800.jpg
14時30分、町内のあちらこちらから歌(げんばやし)を歌いながら、提灯を先頭に各団体が神社へ向かって歩いてきました。
辻々で合流していきます。
歌の歌詞は一番から四番まであり、「竹にナエ、すずめはヤレナ、ヨイヨイ、アリャしなよく、コリャとまる、とめてなホイ、とまりゃアリャ、それはなホイ、色の道ヨイヨイ」みたいなのが続きます。同様の歌詞は播州で伊勢音頭で歌うところがあるようです。


DSC_1801_20180917001535151.jpg
5団体がそろってやってきました。川辺町、昭友会、青年会、ハッピー会、子供会。


DSC_1808.jpg
14時40分、出発


DSC_1815_2018091700371078d.jpg
途中で太鼓台の前後方向転換を兼ねて神輿と巡行順番入替、猿田彦、提灯、神輿、太鼓台の順になります。


DSC_1816_201809170037122e7.jpg
神輿
写真ではないですが、太鼓台のほうが進むスピードが遅いので、太鼓台と距離が開くと前進と後退をして待ちます。


DSC_1822_2018091700371219d.jpg

DSC_1835_20180917003715742.jpg
川辺北公園に到着。神社からだんじりも運んで、記念撮影をされていました。


DSC_1839_2018091700371675b.jpg


DSC_1842.jpg
30分ほどして出発、大和川の堤防上の御旅所を目指します。


DSC_1846_20180917003720ee2.jpg
トンボがついています。トンボはついていると鳥居をくぐれないみたいです。


DSC_1852_20180917003721b07.jpg

DSC_1854_20180917003722936.jpg
堤防に上がります。


DSC_1867_201809170037234dd.jpg


DSC_1871_201809170047174d6.jpg

DSC_1881_20180917004719853.jpg
御旅所到着。
宝永元年に大和川が付け替えられて、そのときに御旅所は川に沈んだそうで。
そういうことがあって、宵宮の夜には大和川に太鼓台と神輿が入ります。


DSC_1885_201809170047197af.jpg
30分ほどして出発


DSC_1888_20180917004722abe.jpg

DSC_1897_20180917004723084.jpg

DSC_1900.jpg
宮入
だんじりがお囃子で出迎え。天神囃子です。


DSC_1904.jpg
太鼓台も帰ってきました。


DSC_1907_20180917004727b4a.jpg
提灯・乗り子と担ぎ手が向かい合って歌いながら神社を後にします。


DSC_1909.jpg
鳥居を過ぎて


DSC_1911_20180917004730f1c.jpg
「げんばやし」を歌って、最後に手締め「うーちましょ、しゃーんしゃーんでおっしゃんしゃん、もひとつおしゃんでおっしゃんしゃん」
これで昼の部は終わりました。17時過ぎでした。
関連記事
  1. 2018/09/17(月) 00:54:23|
  2. 大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川辺八幡神社秋祭り本宮、2018年9月16日、夜の部 | ホーム | 第44回まつばら市民まつり1日目、パレード、2018年8月4日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1468-9af8f05c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数