祭りの写真など

神戸市の神輿の所作、神輿唄・歌上げについて

DSC_9525_20170505153401322.jpg
↑森稲荷神社(東灘区)のお神輿の神輿唄の様子

ツイッターで森稲荷神社の神輿の動画をアップすると興味深い情報を頂きました。
アップした動画は神輿を担ぎ上げる前に伊勢音頭の様な歌詞の歌を代表者が歌いあげ、途中から担ぎ手も声を合わせて歌い、手拍子をして担ぎ上げるものだったんですが、教えていただいたことにはこのような所作を行う神輿が神戸市に広く分布しているとのこと。
垂水の海神社ではこの所作を「歌上げ」といい、歌は「神輿唄」というそうです。
他の土地では神輿唄とかはやし唄と言うみたいです。
神戸市内の祭りにおいて、大人の担ぐ神輿だけでなく、子供みこしやギャルみこしでもこの所作を省略せずに行うところがほとんどです。

神戸市という枠組みの中で分布しているこの所作について興味がわいたので、どこの祭りで行われているのかウェブ検索で調べ、まとめました。
また深江、篠原、垂水のそれぞれの方から歌詞も提供いただきましたので、ウェブ検索で見つけたものと含めて最後の方に記しておきます。
以下まとめ

共通事項
・神輿を担ぎ上げるとき
3名~6名程度の代表者が神輿に向かって立つ
担ぎ手は神輿の周りに座る
代表者が顔あたりに扇子を掲げながら歌を歌いはじめる
途中から神輿の担ぎ手も手拍子を打ちながら歌いはじめる
唄が終わるとシャーントセなどの掛け声で神輿を3回差し上げる(差し上げは省略されることもある)
この所作は神輿を担ぎ上げるたびに行う

詳しい歌詞は後に記述するが、担ぎ出し及び道中では「祝いめでたの~」の歌詞がよく歌われ、還御のときには「御用(ごよう)は治まる~」・「御代(みよ)は治まる~」の歌がよく歌われる傾向にある。

・神輿を降ろすとき
代表者が「しずめましょう」などの掛け声を発声する。
それを受けて担ぎ手は「それさ、よーいとな」や「しーずめて、しーずめて」などの掛け声で神輿を降ろす。

神輿唄の作法がある神社の一覧
凡例:
・神社名か地区名:祭礼日(渡御の日):備考
 動画や紹介サイトへのリンク
〇東灘区
・保久良神社:5月5日:氏子4地区が神輿当番持ち回り
 北畑かき番 https://youtu.be/V0QtoMZfrSs?t=3m30s
 田辺かき番 https://youtu.be/r4onltKrGtc
 中野かき番 https://youtu.be/7-g4lxDEnS8?t=22m22s
・森稲荷神社:5月4日:氏子3地区が当番持ち回り
 深江かき番 https://twitter.com/maturi9876/status/994513342025760768
・大日霊女神社:5月3日・4日:子供みこし:森稲荷神社の氏子の深江の氏神
・綱敷天満神社:現在は渡御がないので歌わないが、かつて神輿渡御があったころは歌っていた。今も歌える人はいる。
 →2018年5月27日日曜日春祭り本宮、子供みこしに対して神輿唄が歌われていました。
 https://twitter.com/maturi9876/status/1000731997084381184
〇灘区
・篠原 厳島神社:5月5日
・河内國魂神社(五毛天神):5月3日:往古は大人神輿もあったが現在は子供みこしのみ
 「ごようはおさまる~」 https://youtu.be/WSXL7cES2-E?t=1m43s
 「くにたまのまつのこずえに~」 https://youtu.be/8tiKdmI8Llo
・敏馬神社:10月連休土日
 味泥地区 https://youtu.be/wF0r0pQZTmI?t=3m29s
・素佐男神社(岸地通2丁目):5月5日
 https://www.facebook.com/susanooharumatsuri/videos/vb.172372163260073/198847130612576/ ・https://youtu.be/WWmYipgYsJo
・新在家若宮神社:10月中旬土日、日曜日13時から神輿巡行
 https://youtu.be/8XE2HFynDOg?t=169
〇中央区
・生田神社:4月半ば
 https://youtu.be/b9KtJ7P4_-0?t=2m53s
・筒井八幡神社:10月第二日曜渡御
 https://twitter.com/maturi9876/status/1051416990743580677
〇長田区
・駒ヶ林地区:5月下旬の駒ヶ林ふれあいまつり
 https://youtu.be/RAskTjUA9V8
・長田神社:10月第2日曜日
 https://www.facebook.com/629963663789618/videos/vb.629963663789618/879898848796097
〇西区
・押部谷 住吉神社:10月第2土日
 「祝いめでたの~」 https://youtu.be/F9n_hEkL4ms?t=4s
 「神のまにまに~」 https://youtu.be/ogw_yOULkxM
・櫨谷神社:10月第1土日
 出発 https://youtu.be/FwXddcwizV4
 納め https://youtu.be/1jrr-d939t4
〇垂水区
・海神社:神輿渡御は10月12日:神輿当番5地区持ち回り(1地区はほぼ必ず休みなので実質4地区)
 塩屋 https://youtu.be/mdo1HCQi1g0
 西垂水 https://ja-jp.facebook.com/833076666715224/videos/1730497966973085/
・瑞丘八幡神社
 西垂水地区内の神社。子供みこし巡行10月11日。
・下畑海神社
 子供神輿、昭和35年に青年相撲の代わりに創始。体育の日の前日に巡行。
・奥畑大歳神社
 子供神輿。体育の日の前日に巡行。
〇須磨区
・板宿八幡神社:5月3日
 https://youtu.be/OJ2C-TMBeo0 ・https://twitter.com/tobimatu_tenjin/status/991843885717405696
〇北区
・六條八幡宮:9月第3日曜日
 https://youtu.be/jT_4nYb8Mqo?t=2m29s
・山田地区
 http://www2.kobe-c.ed.jp/ymd-es/?page_id=109
・末広稲荷神社:10月第1日曜日
 https://youtu.be/A9q1eIVtiEQ?t=23s
・淡河八幡神社:10月第1日曜日
 https://youtu.be/wjH-k78hDTQ
〇兵庫区
・三石神社:5月半ば日曜日
 https://blogs.yahoo.co.jp/mune3da4/17585976.html
・厳島神社(永沢町):5月半ば日曜日
 https://blogs.yahoo.co.jp/captanteru/64097160.html
・和田神社(現在はやってないかも?):5月2日・3日
 http://happy.ap.teacup.com/sakura-labo/218.html

類似
・三木市吉川町稲田の若宮神社
 https://youtu.be/E8B7IAR0rtY



以下、歌詞

各地区の歌詞
深江、篠原、五毛天神、垂水は歌詞カードや書籍を基に記述した。
ほかはネット上で見つけたもののコピペなので確度は下がる。

深江(森稲荷神社氏子)
1.祝い目出度の 若松様よ
 ソレ枝も栄えて ノイノイノイ 葉も繁る 葉も繁る
 イヨノーヤ神かきに ソレサ ヨウイ サントセエー サントセエー サントセエー
2.担ぐ神輿は 祭りの華よ
 ソレ心ひとつに ノイノイノイ 町を練る 町を練る
 イヨノーヤ神いさめ ソレサ ヨウイ サントセエー サントセエー サントセエー
3.老いも若きも 血潮が騒ぐ
 ソレ神輿かき番 ノイノイノイ 威勢よく 威勢よく
 イヨノーヤ神いさめ ソレサ ヨウイ サントセエー サントセエー サントセエー
4.深江祭りに 神輿を担ぐ
 ソレ肩の痛さに ノイノイノイ ここちよさ ここちよさ
 イヨノーヤ神いさめ ソレサ ヨウイ サントセエー サントセエー サントセエー
5.御代は治まる 思いは叶(かの)た
 ソレ末は鶴亀 ノイノイノイ 五葉の松 五葉の松
 イヨノーヤ神おさめ (拍手三回で終わる)
※1番と5番が古来からの歌詞で、他は年ごとに時流を考慮して作られる歌詞だがここ何度かの当番の時には変わっていないとのこと。1番は神輿を蔵から出して担ぎ始めるときと道中に唄う。5番は神輿を担ぎ終えて蔵へ収めるときに唄う。
歌詞カードを参考に記述した。

篠原
1.祝いめでたの 若松さまよ
 枝もさかえて 葉も繁る 葉も繁る
 千代の神いさめ
2.厳島 松の小枝に すを組む鶴は
 末は繁盛で 舞をまう 舞をまう
 千代の神いさめ
3.篠原の里の弁天社
 氏子栄えて 民繁盛 民繁盛
 千代の神いさめ
4.御用は納まる 思うこと叶うた
 末はつるかめ 五葉の松 五葉の松
 千代の神いさめ
歌詞カードを参考に記述した。

河内國魂神社(五毛天神)
1.いわい めでたの わかまつさまよ
 えだもさかえて はもしげる はもしげる
 ちよの神いさめ
2.くにたまの まつのこずえに すをくむつるは
 すえは はんじょで まいをまう まいをまう
 ちよの神いさめ
3.まやの ふもとに なだかき くにたまやしろ
 うじこさかえて たみはんじょ たみはんじょ
 ちよの神いさめ
4.ごようは おさまる おもうことかのうた
 すえはつるかめ ごようの松 ごようの松
 ちよの神いさめ
歌詞カードを参考に記述した。

垂水海神社
1.祝 目出度の 若松様ヨー
 枝も栄える 葉も茂る 葉も茂る
 千代の神いさめ
2.目出度 目出度 よお 御宮のエ松は
 枝に枝さす 苔がむす 苔がむす
 千代の神いさめ
3・見れば美しい お宮の庭よ
 船が出入る 海の上 海の上
 千代の神いさめ
4.波も静かに 御代おさまりて
 船で御行の 神遊び 神遊び
 千代の神いさめ
5.御代は 治まる 思う事かのた
 末はツル カメ 五葉の松 五葉の松
 千代の神納め
神戸市教育委員会『神戸の民俗芸能 垂水編』(1979)より引用

垂水 瑞丘八幡神社
・出御
イーヲーテー メーデーターアーアーア アー アーアーアノー
ワーカーマーアアー アーアツーウ ウーウウー
サアーアアー アーアヨー
枝も栄える葉も茂る葉も茂る
千代の神勇め
・御旅所
メーデーター メーデーターアーア アー アーアガー
カーズーカーアアー アーアサーア アーアアー
ナーアーアアー リーイテー
鶴は御門に巣を掛ける巣を掛ける
・海神社
メーデーターアアー アーアノー
アーマーテーエエー エーエルーウ ウーウウ
ミーイーイイー ヨーオヨー
神は御繁昌民豊か民豊か
・納め
ゴーヨーワー オーサーマーアーア アーアーアルー
オーモーコーオオー オーオターアーアアー
カーアーアアー ノーオター
末は鶴亀五葉の松五葉の松
千代の神納め
参考:垂水郷土芸能保存会(2018)『垂水の秋の伝統行事』 神戸市垂水区公式サイトで閲覧 http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/tarumi/oshirase/#midashi26310

垂水区 下畑海神社
海神社に準じた歌詞。昭和35年より子供神輿創始。
参考:垂水郷土芸能保存会(2018)『垂水の秋の伝統行事』 神戸市垂水区公式サイトで閲覧 http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/tarumi/oshirase/#midashi26310

垂水区 奥畑大歳神社
海神社に準じた歌詞。
参考:垂水郷土芸能保存会(2018)『垂水の秋の伝統行事』 神戸市垂水区公式サイトで閲覧 http://www.city.kobe.lg.jp/ward/kuyakusho/tarumi/oshirase/#midashi26310

筒井八幡神社
一、祝いめでたの若松様よ
  枝も栄えて葉も茂る、葉も茂る
  千代の神勇め
二、梅は岡本、桜は吉野
  松は兵庫の湊川
  千代の神勇め
三、光輝く筒井さまの
  氏子栄えて末繁盛、末繁盛
  千代の神勇め
四、御代はおさまる思うことかなう
  末は鶴亀五葉の松、五葉の松
  千代の神勇め
 納めましょ、納めましょ
歌詞カードより

三石神社
 祝いめでたの若松様よ(ソリャ)
 枝も栄えて 葉も繁る葉も繁る
 千代の神いさめ(ソリャ) (ワッショイ ワッショイ)

厳島神社(兵庫区永沢町)
 祝いめでたの 若松さまよ
 枝も栄えて 葉も茂る 葉も茂る
 千代の神いさめ

和田神社
 日出度の 若松さまよ
 ソリヤ枝も栄えて 葉も茂る 葉も茂る
 千代の神いさめ ソレサ シヤントセエー

生田神社
 祝い目出度の 若杉様よ
 枝も栄えて 葉も繁る 葉も繁る
 千代の神いさめ
 御代は治まる 思うこと叶うた
 末は鶴亀 五葉の杉 五葉の杉
 千代の神しずめ
生田神社には布引の滝の洪水で流れてきた松の木によって神社が倒壊し、それによって神様が松の木を嫌いになったという話があることから、本来なら松と歌うところを杉に置き換えて歌う。

長田神社
 たびくさの いぎよう秋の いょ まつりかな
 それところを見れば つゆのたまがき……………千歳楽 萬歳楽 ほか7番まであり
 詳細→http://nagatajinja.jp/html/shinkousai.htm
 所作は他の神社と似通っているが、歌は全く異なる。

北畑
 祝い目出度の 若松様よ
 枝も栄えて ホーホイホイ 葉も茂る 葉も茂る
 イヨノーヤ 神いさめ ヨウイ サントショー
森稲荷神社とほぼ同じ。


神戸の神輿唄の歌詞はおそらく伊勢参りで全国に広まった伊勢音頭の歌詞が元になっていると考えられる。というのも同様の歌詞は全国津々浦々で聞くことができるからだ。
歌われる頻度の最も高い「祝いめでたの~」の歌詞は、博多祝い唄(福岡県)や花笠音頭(山形県)などで歌われているのが有名だし、「御代は治まる~」の歌詞は徳島県美馬市無形文化財三味線餅つきに同じ歌詞が伝わっている。「思う事叶うた」や「末は鶴亀 五葉の松」という文言も日本各地の民謡・祝い唄の類に見られるものである。
しかし最後の部分の「千代の神いさめ」は神戸市の神輿唄に特徴的なもので、他の地域ではあまり見られない言葉である。
よって、神戸の神輿唄の分布を調べるときは歌そのものよりも、代表者が歌い始め、途中から担ぎ手も唄に加わり、「千代の神いさめ」と歌い終わって担ぎ始めるという一連の動作に重点を置くべきかなあと思う。
「葉も茂る 葉も茂る」と言う部分の繰り返しも特徴である。
若松様に焦点を当てて全国の民謡などを比較したサイトを見つけたのでリンクを記す→「鯨唄に見る「祝いめでたの若松様ヨ」 」http://www.catv296.ne.jp/~whale/iwaiuta-wakamatusama-yo.htmlが詳しいです。

東灘区・灘区の地車が前部を持ち上げる際に「シャントセー」という掛け声を使うが、神戸市の神輿についても差し上げ(神輿を高く掲げる)ときに「シャントセ」の掛け声を使う。アクセントが多少異なるが、同じ意味のシャントセだろう。

東灘区の森稲荷神社と保久良神社は明治期まで氏子を共有していた(というより氏子が両神社を総氏神・総鎮守として祀っていた)。それが関係しているのか、神輿の作法について類似しており、他の神社ではあまり聞かれない掛け声が「枝も栄えて」と「葉も茂る」の間に入るという共通した特徴を持つ。また神輿を降ろす際も片腕を挙げて「しーずめて、しーずめて」の掛け声で神輿を降ろす。

灘区の河内國魂神社と厳島神社(篠原)の神輿唄の歌詞が特に一致率が高いのは、篠原が昭和期まで河内國魂神社の氏子であったからだろう。氏子別れしてから河内國魂神社の歌詞を参考に篠原厳島神社向けにアレンジしたのではなかろうか。
追記(5月20日):五毛天神の事情に詳しい方に伺った話では、五毛天神の神輿唄は敏馬神社から教わったもので、篠原は五毛天神の歌詞を基にしたものだということでした。

神いさめとは神様を慰撫するという意味。いさめには「勇め」や「慰め」の字を充てることができる。

篠原の厳島神社、河内國魂神社、生田神社などには猿田彦が独特の足運びで神輿の通る道を清める所作が行われている。河内國魂神社の猿田彦は神戸市無形民俗文化財である。
・河内國魂神社の猿田彦 https://youtu.be/gwKCKuOqolo
・篠原 厳島神社の猿田彦 https://youtu.be/9wB5X2lyVfs
・生田神社の猿田彦 https://youtu.be/DKoRnlxVstA
関連記事
  1. 2018/05/08(火) 23:18:42|
  2. まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<2018年5月4日バス撮影 | ホーム | 本町太鼓台、奈良県大和郡山市>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1408-64626a81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (851)
大阪市 (274)
南河内 (105)
中河内 (100)
北河内 (32)
摂津 (24)
泉州 (83)
兵庫県 (164)
奈良県 (43)
その他地域 (26)
のりもの (160)
鉄道 (52)
船 (42)
バス (64)
飛行機 (2)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (1)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (57)
寺社探訪 (29)
散策 (37)
風景 (19)
連絡・雑記 (53)
外出先 (35)
猫 (4)
撮影地 (1)
まとめ (14)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 春祭り 試験曳き 枕太鼓 平野区 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 福島区 藤井寺市 八尾市 神輿 尼崎市 大太鼓 豊中市 入魂式 獅子舞 梵天太鼓 盆踊り 灘区 生野区 近鉄 東住吉区 守口市 屋台 鶴見区 西宮市 南大阪線 旭区 宝塚市 西淀川区 松原市 都島区 大東市 天王寺区 河内長野市 神戸市 吹田市 城東区 加西市 宇陀市 芦屋市 試験担ぎ 岸和田市 博物館 神事 橿原市 滋賀県 やぐら 姫路市 泉南市 山車 太鼓枠 垂水区 夜店 此花区 奈良市 淀川区 住吉区 大阪市北区 伊勢神宮 広陵町 富田林市 大和高田市 石取祭 中央区 曳山 風景写真 淡路市 東成区 京都 小牧市 堺市北区 西成区 ふとん屋台 池田市 鉄道 名古屋市東区 祭車 香川県 港区 三郷町 枚方市 昇魂式 制動テスト 和歌山県 高松探訪 だんじり だいがく 三重県 川西市 浪速区 茨木市 京都府 木津川市 貝塚市 泉佐野市 臨時列車 布団屋台 北播 東淀川区 三木市 名古屋 播磨 四条畷市 門真市 葛城市 ふとん太鼓 阪南市 藤井寺 十日戎 大和郡山市 大正区 河南町 伊丹市 加東市 宇治市 三田市 西区 明石市 天理市 やぐら(泉州) 山鉾 住之江区 大津市 風景 神社 名古屋市 淡路島 奈良県 バス 高松 桑名市 兵庫区 御白石持行事 王寺町 美原区 竣工式 京都訪問 展示物 お木曳き 完成式 神額 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数