祭りの写真など

大阪手打ち・大阪締め

うちまーしょ(シャンシャン)
もひとつせ(シャンシャン)
いおうてさんど(シャシャンシャン)



今回は大阪手打ちについてだらだらと書いてみます。長々とした文を読むのはきっと億劫でしょうから、下の方に各地の手打ちの例を連ねてあるのでそこだけでも見て行ってください。

上に記した掛け声で行われる大阪手打ちは、大阪夏の風物詩である大阪天満宮の天神祭をはじめとして大阪市を中心とした地域の祭りで頻繁に交わされます。
大阪手打ちは単に手打ちと呼ばれるほか、マスメディアでは大阪締めと紹介されることが多いです。
手打ちが行われる場面は船渡御で船がすれ違う時のほか、地車同士が出会った時、出発するとき、御花(寄付)を頂戴した時、祭りの日程がすべて終わった時、山車の練り廻しの始まりや終わりの区切りなどです。
手打ちには「ありがとう」、「こんにちは」、「がんばろう」みたいな複数の意味があると言えるかもしれません。
大阪手打ちは祭り以外では大坂の商人たちが商談成立の証として行っていました。井原西鶴の『日本永代蔵』(1688年)の巻一「波風静かに神通丸」には「両人手打ちて後は、少しもこれに相違なかりき」と書かれています。
大阪取引所ではそんな大阪の商人文化を残していくために、大阪証券取引所時代の2001年以降、大発会で「大株締め」と称して大阪締めを行っています。それより前は一般的な三本締めだったそうです。(
「日本取引所グループ2018年大発会(大阪会場)」 https://youtu.be/d072zjsJ2Ws?t=8m29s)
大阪手打ちはお祭りや経済団体の集会のほか、上方落語や歌舞伎の船乗り込みなど伝統芸能を中心に大阪の芸能イベントでも行われます。

報道や観光案内では大阪締めと紹介されることが多いのですが、本来は手打ちと呼ばれていたという説があります。
井原西鶴の『日本永代蔵』でも手打ちと記述されていますし、そもそも発声が「うちまーしょ」「うーちましょ」なので手打ちと呼ぶ方が適切な気がします。
手打ちも手締めもほとんど似た意味の言葉なのでこだわることもないかもしれませんが、手打ちと表現する方が関西らしさがあるように感じられて私は好きですね。
なのでこのブログでは基本的に手打ちか大阪手打ちと表記しています。

2016年4月16日付の日本経済新聞で「大阪締め、できますか?(とことんサーチ)」(ウェブ版:https://www.nikkei.com/article/DGXLASIH06H07_W6A400C1AA2P00/)という記事が掲載されました。
記事によれば、大阪締めを知っているかという問いに対して回答者50人のうち過半数を超える26人が知らないと答え、セリフも手拍子も完璧にできる人はわずか6人だけだったとのことです。
考えられる理由としては宴席などの手締めで全国で一般的な三本締めが普及し土着の大阪手打ちが行われなくなったこと、大阪手打ちを行わない地域から通勤通学している人や引っ越してきた人が増えたこと、そもそも宴席などの場で手締めを行う機会が減ったことが考えられますね?
長野県のヤッホーブルーイング株式会社(http://yohobrewing.com/)というクラフトビールメーカーが2016年から2017年の年末年始にかけて行ったアンケート調査によると有効回答数:2,297名のうち43%強の人たちが宴席で手締めをしなかったという回答結果があり、手締め・手打ちの機会そのものが少ないのかもしれません。(「2017.1.10 [ニュースリリース]【自主調査報告】日本の宴会文化における問題点と「手締め」の効果について http://yohobrewing.com/contents/uploads/2017/01/【ニュースリリース】日本の宴会文化における問題点と「手締め」の効果について(ヤッホーブルーイング).pdf
大阪手打ちを完璧にこなせる人は祭り関係者か、祭りマニアか、在阪の経営者か、物知りな人くらいなものでしょう。日常的にこのブログをご覧の人なら朝飯前でしょうか笑


ところで大阪手打ちにはいくつもの種類や派生型が存在するのはご存知でしょうか。
大阪府内だけでもかなりのバリエーションがあります。いくつかご紹介したいと思います。youtubeで見つけた動画へのリンクも貼ります。
他府県にも似たような手締めがあるのですが、またの機会にでも。
・標準的な手打ち

うちまーしょ(シャンシャン)
もひとつせ(シャンシャン)
いおうてさんど(シャシャンシャン)


最もメジャーな形の大阪手打ちです。大阪天満宮の天神祭を始め、大阪市内とその周辺の多くの祭りでこの手打ちが行われています。また普通、大阪手打ち(大阪締め)といえばこの手打ちを指します。
「もひとつせ」は「もひとっせ」くらいの発音になりますかね。
参考動画:「天神祭平成27年 玉神輿の宮入り 大阪手打ち」https://youtu.be/UcqzfodzWOE?t=18s

地区によっては御花御礼の手打ちは連続して行うこともあります。
参考動画:「2015.7.18(土)・八王子神社御旅所・だんじり「西今里」大阪手打ち11発(大阪市東成区)」https://youtu.be/gZexg8dAsQ4


・十日戎のときの手打ち

うちまーしょ(シャンシャン)
もひとつせ(シャンシャン)
商売繁盛(シャシャンシャン)


関西では1月10日を中心として商売の神様であるえびす様(えべっさん)のお祭り、十日戎のお祭りが行われます。関東の酉の市に近い雰囲気です。
福笹や熊手と言った縁起物の授与の場面で聞かれる手打ちです。
「商売繁盛」のかわりに「商い繁盛」というところもあります。
参考動画:
 「住吉大社市えびす大阪締め」https://youtu.be/9B6LCveujA8?t=3s
 「大阪締め “えべっさんバージョン” 天満天神えびす祭」https://youtu.be/6m33LGgIBHU


・男締めと女締め
一説に手打ちの発声の「うちましょ」のアクセントが男女で異なると言う方もいらっしゃいます。
 男締めは「うちまーしょ」
 女締めは「うーちましょ」
しかし性別によって使い分けられていないことが多くあり、この分け方については私は懐疑的です。
例えば大阪取引所の大発会、松竹芸能の船乗り込み、NHK朝の連続小説「あさが来た」劇中などでは発声が男性でも「うーちましょ」を発声していますし、天神祭のギャルみこしなどでは女性でも「うちまーしょ」を発声しています。
男締め・女締めがあるというのはどこかのローカルルールなのかもしれません。あるいは往古は性別で分ける文化があったのが時代が下ると失われたのでしょうか。
私の主観では、観光案内などでは「うーちまひょ」を紹介することが多い気がするのと、地車の手打ちは「うちまーしょ」が大勢だと思います。
参考動画:
「うーちましょ」パターン
 「七月大歌舞伎船乗り込み」https://youtu.be/ogj0W3AZ7bA?t=1m13s
 「大阪締め大阪府電気工事工業組合50周年記念懇親会」https://youtu.be/1fR61-rWutQ?t=21s
 「背戸口・流2町合同大阪締め」https://youtu.be/wtM7fDzEtjM?t=34s
「うちまーしょ」パターン
 「大阪販売士協会 35周年 大阪締め」https://youtu.be/rbuiP_FalIM?t=52s
 「天神祭 ギャルみこし出陣前 歴代ミス、準ミス揃い踏みの大阪締め!〜天神橋六丁目 一日駅長就任式〜」https://youtu.be/UuTDvbuYAFM?t=1m


・生国魂神社での手打ち

 うちまーしょ(シャンシャン)
 もひとつせ(シャンシャン)
 いおうてさんど(シャシャシャン)
 めでたいな(シャンシャン)
 ほんぎまり(シャンシャン)


いくたまさんの名前で親しまれている生国魂神社の夏祭りや彦八まつりなどで聞くことができる「いくたま締め」は5つの掛け声から構成されます。
最後の「ほんぎまり」とは本決まりのことで、商談が本当に決着したという意味とのこと。
この手打ちはまたの名を正調大阪手打ちとも言われます。これが大阪天満宮の天神祭に伝わり、その中で省略されて現在主流の3つの掛け声のものが広まったとされます。省略された理由は船渡御で船がすれ違う時に5つの掛け声の手打ちだと互いに行き過ぎてしまったからだとか。
同じ手打ちが2015年度下半期放送のNHK連続ドラマ小説「あさが来た」のでは劇中で「船場締め」として登場しています(第30話)。
参考動画:「生玉締めHD」https://youtu.be/EoS7FOeojJs?t=36s
参考資料:「子どもたいこ」(つづり方フォーラム21より) http://www.tudurikata-forum21.jp/tudurukora/6nen/kodomodaiko.pdf


・福島区周辺で行われる手打ち

うちまーしょ
もひとつせ
いおうてさんど
(ああ)めでたいな


この手打ちは大阪市福島区内に鎮座する各神社(海老江八坂神社、野田恵美須神社、福島天満宮など)で聞くことができます。ただし海老江八坂神社では北之町のみです。
いくたま締めから最後の「本決まり」を省略した形です。
最後は「めでたいな」か「ああめでたいな」のどちらかになります。
参考動画:「海老江八坂神社夏祭 北之町 太鼓 競演 大阪市福島区 2017.7.17(月・祝) 」https://youtu.be/9Wt_iSLgklE


・西九條神社の手打ち

さあうちまーせー
ああもひとつーせー
いおうてーさんどー
ああめでたいーなー


大阪市此花区の西九条神社の手打ちは福島区のものとほぼ同じですが、ゆっくりしたテンポのものになっています。当地に限らず枕太鼓などの太鼓台での手打ちはゆっくりしたテンポになる傾向があります。
「ませ」は丁寧の助動詞「ます」の命令形でしょうから「打ってください」くらいの意味でしょうか。別の言い回しからの転訛かもしれませんが。
当地の手打ちで冒頭に「皆様お手を拝借」という文句が付くのは最上級の手打ちで高額寄付者、貢献者、神社などに向けて行われます。
参考動画:「西九条神社 宮入1」 https://youtu.be/-mEmguIPIQQ?t=15s


・伝法の手打ち

うーちましょ (3拍)
ああめでたいな (3拍)
ああも一つせ (3拍)


大阪市此花区伝法界隈の手打ちは一般的な大阪手打ちとは掛け声が異なります。
太鼓台・獅子舞の共演の終わりとか担ぎ納めで打たれます。
拍手が3拍になのは尼崎や中嶋と同じです。掛け声の順番も特徴的です。
参考動画:「北五太鼓&南獅子共演」 https://youtu.be/EsDRdJDSVgw?t=5m42s


・港区三社神社の手打ち

うちま~せ! もひとっせ! 祝うて三度! めでたいな!


磯路地域活動協議会Facebookより引用 https://www.facebook.com/isoji123/posts/396185867257067
参考動画:https://twitter.com/maturi9876/status/963328928306798592


・港区三津神社の手打ち

ああ うちまーせ
ああ もひとつせ
いおうてさんど
ああ めでたいなあ


参考動画:https://twitter.com/maturi9876/status/963330275932487680


・浪速区廣田神社の手打ち

「打ーちましょ」チョンチョン 「もひとつせ」チョンチョン
 「祝うて三度」チョンチョンチョン 「めでたいな」


「「枕太鼓の流れ来て」|鼠六匹に冬の蛙」 http://wind.ap.teacup.com/6rats-winterflog/2169.html より引用


・西成区飛田新地の手打ち

うーちましょ
もひとつせ
たーんとたんと
めでたいな
よー


参考動画:「飛田新地夏祭り2017」 https://youtu.be/xhorzJAlyoY?t=14m13s


・鶴見区方面の手打ち
手打ちの前に口上が入るのは珍しくありませんが、大阪市鶴見区の鶴見、横堤、浜などでは手打ちの前に節回しのある長い口上があります。
例:御花金一封、○○さまより、鶴見地車保存会に給わる、うちまーしょ(以下手打ち)
参考動画:
「大阪市鶴見区鶴見だんじりH29 7月15日」 https://youtu.be/KZLabuwBifA?t=51s
「平成29年 浜 だんじり祭り 古宮神社夏越大祓 本宮午前曳行」https://youtu.be/JgfK-h6CZbU?t=6m45s


・西淀川区など大阪近郊の手打ち

うちまーしょ
もひとつせ
よーやさーの


「いおうてさんど」が訛って「よーやさーの」になっているところは大阪市近郊、周縁部に存在しています。
参考動画:
 「塚本神社夏祭りの大阪締め」https://youtu.be/y9mH-DxEPwU?t=27s


・西淀川区中嶋梵天太鼓の手打ち

うちまーしょ ドンドンドン
あもひとつせ ドンドンドン
あいおうてさんど ドドンドン


大阪市西淀川区中島の五社神社の秋祭りに出る中嶋梵天太鼓での手打ちです。
拍手の数が多くなっていますがこれは兵庫県の旧尼崎城下の手打ちの特徴です。当地は川を渡ればすぐ兵庫県尼崎市という立地であり、太鼓台の形も尼崎の貴布禰神社の辰巳太鼓に似ていることから尼崎の影響があるのでしょう。
しかし尼崎では「いおうてさんど」の後に拍手は入らないので、この部分は大阪的です。
尼崎の手打ちと大阪の手打ちのハイブリッドのような形です。
参考動画:「平成26年度 中島梵天太鼓 宮入後」 https://youtu.be/tT9fquTdTho


・平野郷の手打ち
大阪市平野区、杭全神社を氏神とする平野(旧平野郷町)では地車曳行時、花御礼の手打ちは「うちまーしょ」は発声されず、鳴り物(鉦・太鼓)から入り「もひとつせ、いおうてさんど」となります。
平野周辺でも同様のところがあります。


・住吉大社の神輿会の手打ち

うちまーしょ
もひとつせ
いおうてさんど
やー


大阪府ではあまり多くない神輿会の一つです。
最後に「やー」と言うのが特徴的です。京都の神輿会の手打ちでも最後に「やー」というところがありますが、関連はあるんでしょうか。
参考動画:「【大阪市】 住吉大社 神輿洗神事」https://youtu.be/U0355oJUmCI?t=9m2s


・住吉区の生根神社の神輿の手打ち

うちまーせ
もひとつせ
きょうはなんどのめでたいな


住吉大社の北側の生根神社の秋祭りで、お神輿の手打ちです。
参考動画:「平成25年生根神社神輿渡御」 https://youtu.be/GWZjoX4nE9k?t=3m18s


・河内方面の手打ち
東大阪市の旧河内市あたりでは「オッシャカシャン」調の掛け声が聞かれます。
一例に東大阪市の横枕あたりでは

うーっちましょ
もひとつせ
まだあるよ
いいとこしゃんの おっしゃかしゃんの しゃんとこしゃんの ほーいほい


オッシャカシャンとかオッシャンシャンとかいう掛け声は大阪府外も含めてあちこちで聞かれますし、大阪手打ちが一般的ではない泉州でもオッシャカシャンという掛け声が残っているようです。(「泉州気まぐれ日記 「おっしゃかしゃん」」http://purple.ap.teacup.com/handa/2243.html
大阪手打ちとオッシャカシャンがこの地域で出会ったのかもしれませんね。
参考動画:
 「2017/10/10 東大阪市 若江南部・若江西部・若江東部 秋祭り 地車曳行」https://youtu.be/XwrBXVlL0IA?t=15m39s
 「平成26年10月11日 東大阪市春宮・荒本・菱屋東・岩田・若江地区祭礼」https://youtu.be/OM8ts0OD5DY?t=10m21s


・中河内の布団太鼓のおさめの手打ち
八尾市やその周辺の布団太鼓では担ぎ納めに手打ちを行うところが多くあります。つまり手打ちを聞く機会が少ないです。
大阪手打ちをベースにしながらも微妙に異なる言い回しになっているところもあります。
「かえしてせ」というフレーズが入るのが特徴かもわかりません。
参考動画:
 「平成29年度弓削神社夏祭りその5」https://youtu.be/sIEcDPlPA5Q?t=29m55s
 「【大長編】恩智神社夏祭り2017」https://youtu.be/hl5fV4is3M4?t=47m9s
 「大竹 締め太鼓」https://youtu.be/tXucdDVRvKs

ただし八尾市高安地域の楽音寺地区は「おっしゃかしゃん」調です。
参考動画:「H.29 楽音寺夏祭り 宮入」https://youtu.be/aoJK0lkvD3o?t=14m2s (2018年1月26日閲覧)

大阪太鼓同好会さんが東大阪市の旧枚岡市部の太鼓台の締め太鼓集の動画をアップロードされています
→「締め太鼓集 壱 旧枚岡市」 https://youtu.be/6wt2CBzp9BA


・樽井の手締め

しゃーーんしゃん
ほらもひとつしゃん
いうぉおて(祝って?いろうて?)さんど
おおしゃかしゃんも(おおしゃかしゃんの?)
しゃーんしゃん
(祭礼中間管理職「しゃ~~んしゃん♪」http://blog.livedoor.jp/sisibito/archives/51170412.htmlより引用)


泉南市樽井、茅渟神社の秋祭りの宵宮の夜と本宮の夜、四講のやぐらがそろって行う手打ちとのこと。
岸和田など泉州に多い「オッシャカシャン」と大阪手打ちの融合のような手締めで、東大阪市河内地域のものと似ていますね。
参考動画:「四講 回せ!」https://youtu.be/5TKoUm0KamM?t=7m


・泉州某所のやぐら祭りでの〆の手打ち

おーしゃかしゃんのしゃんとこせ、もひとつゆーうてしゃーぁんしゃん、だいぎまり、すってこい


泉州某所の手打ちです。「もひとつゆーうて」は「も一つ祝うて」の変形かもしれないとのこと。
祭りの締めに行われるとのこと。


・阪南市、自然田上組やぐらの「おっしゃかさん」

おっしゃかさーんのしゃんとこせ
もひとついおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ
まだまだいおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ
もひとついおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ
まだまだいおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ
もひとついおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ
まだまだいおうて おっしゃかさーんのしゃんとこせ


参考動画:「2015 阪南市 やぐら 自然田上組 おっしゃかさん」 https://youtu.be/bKox5DhRzVI?t=16m53s


・阪南市自然田東組
自然田上組とほぼ同様
参考動画:「自然田東組やぐら納庫 其の伍」 https://youtu.be/RTdXHYw5B-o?t=5m24s


・太子町西町の手打ち
南河内郡太子町、科長神社の氏子の西町のだんじりが大阪手打ちをします。
参考動画:「平成29年 西町 宮入 太子町山田地区科長神社だんじり祭り 南河内だんじり祭り」 https://youtu.be/azo_owhi9ow?t=9m30s


・池田市新町の手打ち

うーちーましょ
ああめでたい
あもひとつ


池田市、伊居太神社の新町のだんじりの手打ち。
参考動画:「平成29年 新町 石段降り 出発 池田市新町だんじり会 だんじり祭り」 https://youtu.be/g8DX_xwFlHA?t=12m32s


・豊中市上新田の太鼓台の手打ち(うちませ)

うっちませ
よーい よーい よーいやさっさ
うっちませ
ああめでたいな
よーい よーい よーいやさっさ
うっちませ
ああめでたいな


参考動画:「大阪府豊中市上新田秋季大祭」  https://youtu.be/Er_73oGhv_I?t=3m11s


・豊中市稲荷神社、本町の太鼓台の手打ち

そっれ、うっちまっしょお、それ、よいよいよい、それ、よいとこまっかっせ、それ、よいよいよい、それ、よいとこまっかっせ


2013年に秋祭りを見に行ったときの筆者の耳コピのメモより


・豊中市、原田神社、おてんさんの手打ち

うーちましょ パン
もひとつせ パンパン
いおうてさんど パンパンパン


拍手が1つづつ増えます。
原田神社の獅子はおてんさんと呼ばれます。御祭神の牛頭天王の愛称がオテンノウサン→オテンサン。
参考動画:「原田神社 獅子舞 厄除け」 https://youtu.be/w4QcTzjb4bQ?t=28s


・豊中市庄内神社東部太鼓台の手打ち
一般的な大阪手打ち
参考サイト:「菱江ロジスティクス トピックス 庄内神社秋季大祭(2014/10/16)」 https://vs7.nameserver.ne.jp/ryoko-logistics.co.jp/topics/2014/1016.html


・柏原市本郷、地車の小屋入れ

しゃーんしゃん おーしゃんしゃん 祝うて祝うておーしゃんしゃん もひとつおまけにおーしゃんしゃん


柏原市本郷の地車の小屋納めの手打ち。
参考動画:「2016年10月9日 大阪府柏原市 「本郷 秋祭り 杉本団長 勇退」 小屋前 その2/3」 https://youtu.be/9TE-F3uDEX0?t=28m53s


・茨木市阿為神社の御神輿の手打ち

うってくれ
めでたいな
もひとつせ
さんどのせ


2016年5月に見に行ったときのメモより。
神輿を担ぎ上げるときの手打ち。
上に書いた掛け声はどうも私の記憶違いだったらしい。失礼しました。
「酒呑童子の随想録」という個人ブログの「鎮守様のご祭礼」(http://blog.livedoor.jp/syutenndouji/archives/1278256.html)という記事に手打ちの掛け声が載っていました。

「打ってくれ」シャンシャンシャン「目出度いな」シャンシャンシャン「祝うてさんで」シャンシャンシャン




・箕面市止々呂美、地車の手打ち

打ってくれー、打ってくれー
祝いせーの
も一つせーの


「みのお市民まちなみ会議」 http://minohmachinami.cocolog-nifty.com/blog/ の資料(http://minohmachinami.cocolog-nifty.com/blog/files/machitusin2011.11-2.pdf)より引用
箕面市、たぶん下止々呂美のだんじりの写真が添えられている。


・池田市畑天満宮の秋祭りの太鼓みこしの掛け声

(打ちまーせ) よいよいよい よいよいよいやさーの よよいのよい (めでたいな) よいよいよい


池田市の畑天満宮氏子の渋谷(しぶたに)地区の太鼓みこし(太鼓台)の手打ちの掛け声



古典の中の手打ちの例
「ヤァ、しゃんしゃん、も一つせい、しゃんしゃん、祝うて三度、おしゃんしゃんのしゃん」(歌舞伎『伊勢音頭恋寝刃』)(1796年)
「うちませふ しゃんしゃん もひとつせい しゃんしゃん ねんのためほんぎまり」(浮世絵『「二上り」 「鶴たちばな(嵐橘三郎・中村歌右衛門)」』(絵師:よし国)(1821年)
「打ってくれ シャンシャン も一つせい シャンシャン 祝うて三度 おシャシャシャンノシャン」(文楽『新版歌祭文』)(1780年)
「一つ打ってくれ ヤアしゃんしゃん も一つせい しゃんしゃん 祝うて三度 しゃしゃのしゃん」(文楽『寿連理の松』)(1704~1711年頃)

以上長々と書いてきましたが、最後に大阪手打ちとその派生形の分布について、祭礼での使用例を基に見ていきます。
大阪府は摂津、河内、和泉(泉州)の3つの令制国を含んでおり、文化もその範囲では共通している傾向にあります。
大阪手打ちはこのうち摂津地域と河内地域では行われていますが、泉州地域ではほとんど行われないようです。
・摂津の場合
 摂津地域のうち大阪府内部分ではほぼ全域に手打ちは分布しています。府外についても形を変えながら結構遠く(播州山間部)まで分布しているようですが、要検証。海沿いでは尼崎までは行われていますが武庫川を境に西側では(おそらく)行われていません。
・河内の場合
 河内は北河内、中河内、南河内の3つに分けることができます。
 南河内には大阪手打ちを行う祭礼団体はほぼ無いです。太子町の科長神社氏子の西町がやってるようです。
 北河内、中河内については大阪市に隣接し天神祭の地車の影響の大きい地域(東大阪市西部、守口市、大東市など)ではほぼ天神祭と変わらない要領で大阪手打ちが行われています。大阪市から離れるにつれ手打ちの変形が見られます。東大阪市では中央環状線を境に東側で変化が顕著です。手打ちの変形とお囃子の変形はおよそ比例しているようです。
 中河内の生駒山地ふもとの地域を中心にしてふとん太鼓の祭りが盛んに行われていますが、これらの祭りでは布団太鼓の担ぎ納めのときにのみ手打ちを行う祭礼団体がほとんどです。
・泉州(和泉)の場合
 泉州では大阪手打ちは一般的ではありません。
 堺市が泉州に含まれるか否かの議論はよそでするとして、堺市旧市街地とその周辺で盛んであるふとん太鼓祭りのうち、大甲濱など一部の団体で大阪手打ちが行われていますがまれな例です。
2018/2/5追記:泉南市樽井のやぐらでオッシャンシャンと大阪手打ちが組み合わさった手締めがあるとのこと。主に宵宮、本宮それぞれ四講のやぐらがそろったときに行われるそうです。樽井のやぐらの他にも手打ちを行う祭りがあるとのこと。

歌舞伎やドラマなどの劇中で手打ちが行われる例
新版歌祭文:人形浄瑠璃、文楽及び歌舞伎。文楽では下の巻長町の段で。
寿連理の松
伊勢音頭恋寝刃:歌舞伎。大阪締めが行われたようだが、現代では改変されることが多い。参照:http://japanknowledge.com/articles/blognihongo/entry.html?2&entryid=26
わろてんか:2017年年度下半期に放送されたNHK連続テレビ小説。第17週第96回で大阪締め。
あさが来た:2015年年度下半期に放送されたNHK連続テレビ小説。30話など劇中で複数回の大阪締め。またいくたま締めこと正調の手打ち(劇中では船場締めと言われた)も行われた。
ほんまもん:2001年度下半期に放送されたNHK連続テレビ小説。何話かは分からず。



参考サイト
「大阪締め、できますか?(とことんサーチ):日本経済新聞2016年4月16日」 https://www.nikkei.com/article/DGXLASIH06H07_W6A400C1AA2P00/
「「大阪商人」じゃなくても知りたい「大阪締め」 :日本経済新聞大阪夕刊いまドキ関西2012年4月18日付」 https://style.nikkei.com/article/DGXBZO40530860Y2A410C1AA2P00?channel=DF130120166105
「用語集|日本取引所グループ 『大株締め』」 http://www.jpx.co.jp/glossary/ta/269.html
「天神祭総合情報サイト|大阪締め」 http://www.tenjinmatsuri.com/other/index6
「大阪本場青果協同組合|天神まつりと大阪手打ち」 https://www.osakahonjou.com/saijiki/201307.htm
「泉州気まぐれ日記 「おっしゃかしゃん」」http://purple.ap.teacup.com/handa/2243.html

「大江戸経済学 大坂堂島米会所」 http://www7b.biglobe.ne.jp/~tanaka1942b/doujima.html(2018年1月26日アクセス)

「祭礼中間管理職「しゃ~~んしゃん♪」」 http://blog.livedoor.jp/sisibito/archives/51170412.html (2018年2月5日閲覧)

「菱江ロジスティクス トピックス 庄内神社秋季大祭(2014/10/16)」 https://vs7.nameserver.ne.jp/ryoko-logistics.co.jp/topics/2014/1016.html

外部サイトへのリンクはyoutubeの動画・参考サイトともに特記のない場合は2018年1月20日最終アクセス
2018年1月21日執筆
2018年1月26日加筆・修正
2018年2月5日追記
2018年2月8日追記・修正
随時追記と修正
関連記事
  1. 2018/01/21(日) 04:56:29|
  2. まとめ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<大阪拘置所新営フェスタ、2018年1月21日 | ホーム | 10月19日・20日に撮影したバス>>

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2018/01/21(日) 04:51:11 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1392-08cba108
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (851)
大阪市 (274)
南河内 (105)
中河内 (100)
北河内 (32)
摂津 (24)
泉州 (83)
兵庫県 (164)
奈良県 (43)
その他地域 (26)
のりもの (160)
鉄道 (52)
船 (42)
バス (64)
飛行機 (2)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (1)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (57)
寺社探訪 (29)
散策 (37)
風景 (19)
連絡・雑記 (53)
外出先 (35)
猫 (4)
撮影地 (1)
まとめ (14)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 春祭り 試験曳き 枕太鼓 平野区 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 福島区 藤井寺市 八尾市 神輿 尼崎市 大太鼓 豊中市 入魂式 獅子舞 梵天太鼓 盆踊り 灘区 生野区 近鉄 東住吉区 守口市 屋台 鶴見区 西宮市 南大阪線 旭区 宝塚市 西淀川区 松原市 都島区 大東市 天王寺区 河内長野市 神戸市 吹田市 城東区 加西市 宇陀市 芦屋市 試験担ぎ 岸和田市 博物館 神事 橿原市 滋賀県 やぐら 姫路市 泉南市 山車 太鼓枠 垂水区 夜店 此花区 奈良市 淀川区 住吉区 大阪市北区 伊勢神宮 広陵町 富田林市 大和高田市 石取祭 中央区 曳山 風景写真 淡路市 東成区 京都 小牧市 堺市北区 西成区 ふとん屋台 池田市 鉄道 名古屋市東区 祭車 香川県 港区 三郷町 枚方市 昇魂式 制動テスト 和歌山県 高松探訪 だんじり だいがく 三重県 川西市 浪速区 茨木市 京都府 木津川市 貝塚市 泉佐野市 臨時列車 布団屋台 北播 東淀川区 三木市 名古屋 播磨 四条畷市 門真市 葛城市 ふとん太鼓 阪南市 藤井寺 十日戎 大和郡山市 大正区 河南町 伊丹市 加東市 宇治市 三田市 西区 明石市 天理市 やぐら(泉州) 山鉾 住之江区 大津市 風景 神社 名古屋市 淡路島 奈良県 バス 高松 桑名市 兵庫区 御白石持行事 王寺町 美原区 竣工式 京都訪問 展示物 お木曳き 完成式 神額 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数