祭りの写真など

粉河祭、宵々祭り、2017年7月28日

DSC_0440_2017080100404956b.jpg

和歌山県紀の川市粉河町、粉河祭を見てきました。
7月最終土日が祭礼日ですが、町周りは木曜日から始まっているようです。

粉河祭は粉河寺境内にある産土神社の夏祭りで、だんじりと呼ばれる山車が出ます。かの民俗学者折口信夫も粉河祭を訪れたことがあり、各地の髯籠についていろいろと書いていたように思います(「髯籠の話」)。
だんじりと言う言葉こそ同じですが大阪人の知っている地車とはまた別物と思った方がよさそうです。ただ山を越えれば泉州なので衣装や掛け声などに泉州風のものが導入されている町もありますね。
だんじりは12台あるそうですが、中には飾りつけのみだったり、年によっては出ない町もあるそうです。2017年の宵々祭は天福町、石町、北町、根来町、本町のだんじりが巡行し、中町と這上り町が飾りつけされていました。

宵々祭は金曜日に行われます。19時から23時まで粉河寺~JR粉河駅のとんまか通りという道が交通規制されてだんじりが巡行します。
各町からとんまか通りへの出入り以外はずっと一本道を行ったり来たりする形になります。
必然、だんじり同士のすれ違いや行き違いが発生するのでそこは見所の一つです。最近では珍しく、交渉役が無線機器を使わずに走って連絡を取り合うのもまた昔ながらの祭りの光景です。
また粉河寺の手前にかかる橋の前が坂になっており、ここを駆け下りるだんじりはかなりスピードが乗っているのでこれも見所です。

聞いた話だと、ほんの10年前までは明け方までふつうにだんじりが出ていたそうですが、最近はもう23時ころには終わって日付を超えることは無いそうです。



天福町のだんじりのサイト(http://www.geocities.jp/tenpukucho/1st-page.html)を拝見してこの記事は書きました。
また粉河祭のだんじりが出てくる折口信夫の「髯籠の話」は青空文庫で読むことができます。http://www.aozora.gr.jp/cards/000933/card18393.html

DSC_0417_20170801010742f52.jpg
とんまか通りの一番駅寄りに石町のだんじり


DSC_0418_20170801010744faf.jpg
粉河のだんじりは2階建ての山車でお囃子は1階で、2階は子供たちが乗っていたりします。
前後にめっちゃ長いかじ棒が付きます。


DSC_0421_2017080101074508d.jpg
また駅前には保存会所有のだんじりが展示されています。これはどこの町のものでもないみたいです。
19時前に提灯に明かりがともります。



DSC_0442_20170801010747291.jpg
19時から巡行スタート
北町のだんじりと向こうに見えるのは這上り町のだんじり


DSC_0445_201708010107475b0.jpg
本町のだんじり


DSC_0446_20170801011059740.jpg
中町のだんじりはお囃子とだんじりの展示のみでした。
粉河のだんじりの本来の姿、正装はこれなんでしょう。
折口信夫が注目したひげこ(髯籠)が目立ちます。
四方を囲う緞帳も豪華です。彫刻は勾欄合に入ります。


DSC_0454_20170801011101677.jpg
天福町のだんじり


DSC_0458_20170801011103973.jpg
根来町のだんじり。今年、彫物以外の部材を新調したそうです。


DSC_0469_201708010111048b0.jpg
粉河寺前はさながらだんじり溜まり。3台くらいが休憩している場面もありました。
そうそう、粉河寺の山門は立派なんですが、巡行開始19時から30分以内くらいじゃないと暗くてろくに撮れなくなっちゃうので、だんじりと山門の組み合わせは最初の方に撮影することをお勧め。


DSC_0474_20170801011105e22.jpg
粉河寺を出発しただんじりは川を越えると下り坂、ここを駆け抜けるのが見所です。


DSC_0480_20170801011614934.jpg
本町のだんじりが粉河寺へ


DSC_0509_20170801011615b94.jpg
中町はとんまか通りに展示しているので、巡行するだんじりと合わせて撮るのが良かったです。


DSC_0522_20170801011617600.jpg
北町のだんじり


DSC_0532_20170801011619cb9.jpg
天福町のだんじり
気が付くと粉河寺と中町のだんじりの間でずっと見てます。坂があるのがこの区間なのです。


DSC_0538_20170801011620c8c.jpg
中町から寺方向を見ると天福町の動きが変だったので行くと、境内に進んでいってました。


DSC_0553_2017080101190486d.jpg
粉河寺境内に乗り入れた天福町のだんじり


DSC_0558_201708010119077e2.jpg

DSC_0559_20170801011909bf3.jpg
産土神社遥拝


DSC_0594_20170801011909574.jpg



DSC_0610_201708010119105e8.jpg
石町と中町


DSC_0646_2017080101191264f.jpg
北町と根来町の行き違い
各町には交渉員という役割の人がいて、だんじりのずっと前の方にいて他の町の交渉員とどこでどちらのだんじりが待機してだんじりのすれ違いをするかを交渉するそうです。そして話が決まるとこれをだんじりまで走って伝えるということを行っているそうです。
今どき、どこもトランシーバーとかの無線機器ですけど、こうやって人が走り回って伝令するというのも昔ながらの祭りの光景なんだろうなあと思います。
とんまか通りは両側歩道付の2車線道路なのでどこでもすれ違いできるんですが、昔は半分くらいの道幅しかなくてすれ違いできる場所が限られていたのだそうです。昔は交渉員の交渉もきっと白熱した口論になっていたんじゃないでしょうか。
また土日には夜店が道沿いに途切れることなく並ぶそうで、夜店目当てのお客さんと狭くなった道をだんじりが行きかうとのこと。
ゆっくりと見るなら金曜日ですけど、土日のだんじりも見てみたいですね。

ちなみにですが、粉河駅から大阪方面への終電は22時ころなんで最後まで見るなら車ですね。無料臨時駐車場もあるみたいです。
関連記事
  1. 2017/08/04(金) 06:39:55|
  2. その他地域
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新世界の夏祭り、2017年7月21日 | ホーム | 神須牟地神社の夏祭り本宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1275-c867a202
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (896)
大阪市 (293)
南河内 (108)
中河内 (102)
北河内 (35)
摂津 (29)
泉州 (83)
兵庫県 (175)
奈良県 (44)
その他地域 (27)
のりもの (183)
鉄道 (59)
船 (48)
バス (72)
飛行機 (3)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (18)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (59)
寺社探訪 (0)
散策 (35)
風景 (15)
連絡・雑記 (34)
外出先 (34)
猫 (0)
撮影地 (1)
まとめ (16)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 平野区 春祭り 枕太鼓 試験曳き 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 尼崎市 福島区 藤井寺市 八尾市 神輿 豊中市 大太鼓 獅子舞 入魂式 守口市 盆踊り 梵天太鼓 生野区 東住吉区 灘区 近鉄 西淀川区 宝塚市 鶴見区 屋台 旭区 南大阪線 西宮市 松原市 都島区 城東区 大東市 吹田市 河内長野市 神戸市 天王寺区 芦屋市 試験担ぎ 加西市 宇陀市 富田林市 池田市 岸和田市 東成区 神事 博物館 橿原市 垂水区 姫路市 滋賀県 山車 泉南市 やぐら 夜店 太鼓枠 奈良市 住吉区 大阪市北区 淀川区 此花区 広陵町 伊勢神宮 中央区 曳山 石取祭 大和高田市 淡路市 西成区 小牧市 風景写真 京都 堺市北区 ふとん屋台 川西市 名古屋市東区 鉄道 枚方市 祭車 制動テスト 昇魂式 三郷町 伊丹市 港区 東淀川区 香川県 高松探訪 門真市 だんじり 四条畷市 木津川市 浪速区 貝塚市 三重県 和歌山県 泉佐野市 だいがく 京都府 茨木市 播磨 北播 臨時列車 三木市 名古屋 布団屋台 加東市 兵庫区 奈良県 明石市 淡路島 完成式 宇治市 大和郡山市 十日戎 阪南市 三田市 大正区 藤井寺 京都訪問 西区 河南町 葛城市 山鉾 やぐら(泉州) 風景 住之江区 大津市 桑名市 展示物 お木曳き 竣工式 天理市 神額 高松 ふとん太鼓 美原区 王寺町 神社 バス 御白石持行事 名古屋市 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数