祭りの写真など

津守神社の夏祭り本宮

DSC_8942_2017072119311117e.jpg

大阪市西成区、津守神社の夏祭りは毎年7月20日と21日の2日間
津守周辺はいくつか子供みこしとか子供太鼓とかあるらしいですが、さすがにすべては把握していません。祭礼日前の休日に曳行してるみたいですが。
祭礼日に出るのは宮付き?枕太鼓とお神輿。午前中に巡行です。

DSC_8954_201707211934033f7.jpg
割と小型の枕太鼓


DSC_8937.jpg
しかし、平の両側には立派な彫刻が付いています。


DSC_8955_20170721193403750.jpg
半分くらい隠れていて残念ですが、かっこいい獅子ですねえ。


DSC_8957.jpg
10時に出発


DSC_8961.jpg
祝儀が出るとお神輿の差し上げ


DSC_8966_2017072119340844e.jpg
2時間ほどの巡行が行われたみたいです。



大阪市西部、浪速区や西成区あたりでは太鼓の囃子唄が今もよく残っていて、津守も歌っていました。耳コピですが歌詞を書き起こします。
おそらく近い音の言葉との聞き間違いが多分にあると思います。瓦と俵、先祖と船頭など。松右衛門も怪しいです。また全く見当のつかない部分もありました。
廣田神社や難波八阪神社などと共通している部分が多いのですが、細部で似た音の言葉と置き換わっている部分があるようです。


ソーレ ソッ ソーレ
弥栄(いやさか)そこじゃい

一(ひと)や二(ふた)や三四五(みよい) 五つの上にも???
なにわの???は???  ??? ??? 富士の山
富士の山には??? ???????
???持たせて伊勢参り
ソーラ エーンヤ エンヤサッサ 

行こうか戻ろうか住吉の 四社の前なる反れ橋
上がって沖を眺むれば 七福神の夏祭り
中でもえべっさんという人は 金と銀との釣り竿で
黄金の針で鯛釣って 鯛釣ったおかげで祀られて
今ではえびすの福の神 
ソーラ エーンヤ エンヤサッサ

近江石山秋の月 月に群雲 花に風
風の便りは島田から 瓦(俵?)を隠せし淡路島
縞の財布に四五十両 五郎十郎 曽我の五郎
たいしは嵐の三五郎で ゴロゴロ鳴るは雷で
ぴかぴか光る稲光
ソーラ エーンヤ エンヤサッサ


3番まであるみたいですが1番の大部分が聞き取れなかったのと初めて聞いたような歌詞だったと思います。
難波八阪神社や廣田神社の歌詞と似ている部分も多いのですが。
関連記事
  1. 2017/09/21(木) 06:09:33|
  2. 大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<誉田八幡宮秋祭り地車の宮入、昼宮、2017年9月17日 | ホーム | 越木岩壱番地車新調入魂式・御披露目曳行、2017年9月10日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1261-dfad12eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数