祭りの写真など

教興寺地区の夏祭り本宮、2017年7月2日

DSC_3830_20170703103907cad.jpg
↑教興寺御旅所。場所は天理教高安大教会の南側、国道170号旧道沿い。

2017年7月2日、八尾市、岩戸神社の夏祭り本宮を見て来ました。
八尾市で一番早い夏祭りである岩戸神社、教興寺地区の夏祭りは毎年7月第一土日です。
日曜日が7月1日の年には7月7日・8日になるみたいです?(2012年など)。往古は7月7日が祭礼日だったようです。

土曜日の宵宮は20時ころから太鼓台が担がれます。
日曜日の本宮は
13時前に布団太鼓が黒谷会館まで巡行しお神輿を待ちます。
14時ころから岩戸神社で神事、14時半頃にはお神輿出発
 神輿経路:岩戸神社→黒谷権現社→黒谷会館
黒谷会館で休憩、お神輿と太鼓台が合流
 経路:黒谷会館→(神輿のみ教興寺経由)→天理教(休憩)→高安駅(休憩)→天理教(休憩・担い棒取り替え)→教興寺御旅所
17時半頃、教興寺御旅所で御旅所祭り。
夜の出発は20時頃。太鼓台は町内を巡行しつつ、教興寺会館まで。お神輿は町内を巡行しつつ、岩戸神社へ帰るのは23時頃。

DSC_3841_20170703110758970.jpg
太鼓台の出発前、教興寺会館から伊勢音頭を歌いながら御旅所へ向かう担ぎ手の皆さん。
こういう風習は中河内では割とよく見られますよね。恩智、大県、川辺など。ほかにもあるかもしれません。


DSC_3857.jpg
13時よりちょっと前に出発。黒谷会館を目指します。


DSC_3870_20170703110801dcf.jpg
私は一足お先に岩戸神社へ。教興寺の氏神である岩戸神社は人里から離れた山の中に入ったところにあります。岩戸神社(岩屋弁天・岩谷弁天)と式内 天照大神高座神社(高御座神社・天照大神社)は境内が一体的になっています。写真の右上側、赤い幟が連なっているところが岩戸神社で、撮影位置は高座神社側です。
所在地は八尾市教興寺字弁天山のはずなんですが、地図で見ると大字垣内のようになっているものが多いですね。



DSC_3902.jpg
14時前、高座神社拝殿で子供獅子舞の奉納。笛は小学校のリコーダーでした。


DSC_3907.jpg
お神輿と境内の様子
お神輿は平成23年に修繕されたそうです。


DSC_3929_2017070311153268c.jpg
御霊遷し


DSC_3943_20170703111534791.jpg
石段を降りるお神輿。これが見たかったんですわ。


DSC_3947_201707031115351b7.jpg
こんな景色が八尾市にあったとは。


DSC_3951_20170703111536619.jpg
神明鳥居


DSC_3968_20170703111538677.jpg
大阪平野を眼下に望みつつ、山を下りていくお神輿


DSC_3991.jpg
途中、お神輿は黒谷地区を通ります。黒谷の太鼓台がお出迎え。


DSC_3998_2017070311304921e.jpg
少し練り合い
教興寺村の山側に黒谷村があるので、岩戸神社から教興寺村へ行くには黒谷村を通らないといけないんですね。


DSC_4020_201707031130504a1.jpg
黒谷会館で太鼓台とお神輿が合流。隣村の会館を借りるんですねえ。


DSC_4036_2017070311305168c.jpg
休憩後、出発。しばらく下り坂なので太鼓台は後ろ向きに進みます。


DSC_4044.jpg
お神輿は途中で教興寺の境内を一周していきます。神仏混淆ですね。
地名にもなっているということは村の核となるお寺なのでしょう。


DSC_4051_20170703113430752.jpg
教興寺の山門を背に進む太鼓台とお神輿。
渡御の時って太鼓台が先か、お神輿が先か、どっちがより一般的でしょうか?天神祭だと催太鼓が先頭で、旭区の日吉神社でも枕太鼓が先を行きますが、平野区川辺はお神輿が先。


DSC_4069.jpg
天理教の境内で休憩。お寺にお神輿が入ったかと思えば、今度は新宗教。
ここで休憩の間にお神輿の担い棒が取り替えられました。


DSC_4071_201707031134330ad.jpg
ここでも獅子舞が披露されました。


DSC_4094_20170703113434c94.jpg
高安駅へ


DSC_4096_20170703113435da5.jpg
商店街を行く


DSC_4106_20170703113839b9a.jpg
高安駅まで行ったら折り返し


DSC_4121.jpg
再び天理教


DSC_4124.jpg
担い棒の取り換え


DSC_4134.jpg
担ぎ出し


DSC_4136_20170703113845cc7.jpg
国道170号の旧道を行く太鼓台
東高野街道か。


DSC_4156_201707031138465cc.jpg
御旅所へ
神輿を置く台の周りを3周します。


DSC_4161_20170703113848b03.jpg
お神輿も3周します。


DSC_4170_2017070311384983c.jpg
17時半頃、御旅所での神事

次は20時ころから担ぎ出されますが、私はここまでで帰りました。
写真には載せていませんが、天理教の向かい側の公園では夜店が出ていました。
非常に興味深いお祭りでした。



DSC_3811.jpg
教興寺の太鼓台
かつて奈良県の大和小泉で担がれていた太鼓台だという言い伝えがあるそうです 説があるそうです。
刎勾欄であること、布団が薄いこと。あと、大和小泉で高安に太鼓台を持って行かれたという話が残っているとか。小泉神社氏子の市場地区に高安に太鼓台を売ったという言い伝えがあるそうです。ただし、この高安は八尾市の高安ではなく斑鳩町の高安だろうとのこと。
詳しくは『河内どんこう97号』(やお文化協会発行機関誌)「 教興寺の祭り」(松村一氏投稿記事)を参照してください。→https://www.facebook.com/pcs.yamaguchi/posts/524433251091563


関連記事
  1. 2017/07/04(火) 07:37:59|
  2. 中河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<阪神住吉駅前練り合わせ、2017年5月4日 | ホーム | 平野郷試験曳き2017年7月1日土曜日>>

コメント

 はい7月7日の祭り見ています。
でも子供が遊んでいるだけで、担がれているのは見ていない。
 同じく7月7日は吉野に2回、新潟・村上も見に行きました。
 さて私は松村さんより直にその話聞きました。
  1. 2017/07/05(水) 23:20:13 |
  2. URL |
  3. いわねえ  #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>  はい7月7日の祭り見ています。
> でも子供が遊んでいるだけで、担がれているのは見ていない。
>  同じく7月7日は吉野に2回、新潟・村上も見に行きました。
>  さて私は松村さんより直にその話聞きました。

コメントありがとうございます。
さすがいわねえさんです、昔の祭礼日の時代に見に行ってらっしゃったとは。
  1. 2017/07/08(土) 05:19:06 |
  2. URL |
  3. カシトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1244-0a73f06a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数