祭りの写真など

第2回大立山まつり4日目、2017年1月28日

DSC_0561_2017012915490029f.jpg
↑無料シャトルバスの発着場。バスマニアの人がバスを撮影してはりました。


第2回大立山まつりの4日目、1月28日土曜日に見に行ってきました。
開催期間は2017年1月25日水曜日から1月29日日曜日でした。

会場は平城宮跡で、無料シャトルバスがJR奈良駅と近鉄大和西大寺駅から運転され、運転間隔は約20分でした。ただシャトルバスの会場の乗降場が会場から800mほど離れています。また私が乗ったバスは定員いっぱいでもう乗れないほどの混雑だったのでゆったり行きたい人はぐるっとバスに乗った方がいいでしょう。
ぐるっとバスという循環バス(運賃100円)の大極殿バス停が会場最寄りのバス停になります。大極殿のすぐ裏まで行けます。一般路線バスだと平城宮跡バス停。
大和西大寺駅から徒歩15分くらいです。

この日の(だんじりマニア的)見所は橿原市だんじり保存会の今井町だんじりと東吉野村小川祭の小川太鼓台と小村太鼓台でした。

DSC_0572_20170129155958884.jpg
平城宮跡を横断する近鉄奈良線電車。
この前、線路の移設を検討していくというニュースがありましたねえ。


DSC_0577_20170129160000377.jpg
生駒市のマスコットキャラクター、たけまるくん


DSC_0580_2017012916000136f.jpg
広陵町のマスコットキャラクター、かぐやちゃん


DSC_0582_201701291600024c9.jpg
王寺町商工会のマスコットキャラクター、、雪丸


DSC_0584_201701291600045c9.jpg
大和高田市のマスコットキャラクター、みくちゃん
と、奈良のマスコットキャラクターのドン、せんとくんさんの中で遊べる遊具


DSC_0616_20170129160520e83.jpg
奈良県のマスコットキャラクター、せんとくん
弟の活躍を見に来たのかな。大立山はせんとくんの弟です。父親が同じです。デザインがどちらも薮内氏です。


DSC_0586_201701291605181b9.jpg
大立山まつりに登場する各地の伝統行事のパネル展示。


DSC_0597_20170129160520210.jpg
あったかい食べ物の屋台がたくさん出ていておいしいにおいでたくさんでした。




DSC_0618_20170129160919dc3.jpg
DSC_0619_20170129160921a55.jpg
DSC_0620_20170129160922729.jpg
DSC_0623_2017012916092329c.jpg
DSC_0625_20170129160924da6.jpg
立山も展示されていました。
8月下旬にお盆の行事として毎年作られるつくりものです。
広陵町大垣内とか橿原市で行われているものです。
毎年作られるもので、朝の連ドラとか大河ドラマが題材になるのは他地域のつくりものとも似ているというか、そういう傾向になるんでしょうねえ。



DSC_0598_20170129161735945.jpg
今井町のだんじりです。
手前、白い提灯のだんじりが2号車、南町のだんじり。
奥の赤い提灯のだんじりが1号車、西町のだんじり。


DSC_0599_20170129161729d0b.jpg
2号車南町のだんじりの後ろの鬼板と懸魚は龍で対応しているあんまり見ない細工ですね。


DSC_0604_20170129161731fc3.jpg
2号車南町のだんじりの見送りは柱よりも内部に奥行きを持ってるんですね。これも珍しい気がします。


DSC_0609_2017012916173493c.jpg
1号車西町のだんじりの後ろの獅子噛


DSC_0607_20170129161732ca2.jpg
1号車西町のだんじりの見送り





DSC_0626_201701291637405b4.jpg
DSC_0627_20170129163742760.jpg
室生龍穴神社の獅子舞。宇陀市。



DSC_0630_2017012916374302b.jpg
東吉野村から太鼓台が到着。小村(おむら)の太鼓台。
行政地名的には東吉野村大字小(おむら)……つまり小の一字でおむらと読むことになってるけど、本来は小村。


DSC_0631_20170129163744697.jpg
どうやって下ろすのかと思ったら、担いででした。


DSC_0643_201701291642234cf.jpg
小川祭の太鼓台は社殿型・大和型とか言われる形の太鼓台。
入母屋造の屋根が特徴だけど、なんといっても彫刻の豪華なこと。


DSC_0676_20170129164221e56.jpg
組物も彫物もいいですね。


DSC_0645_20170129164225a78.jpg
大和型の特徴というか、奈良県の太鼓台は結構背が低いのが多いですね。
彫刻を見るにはその方が都合がいいです。
目線に近いからこそ大振りの彫物ではなく、精緻な彫物が発達したんでしょうかねえ。


DSC_0673_20170129164220c09.jpg
屋根の四隅には鯱。


DSC_0672_20170129164219271.jpg
幕も



DSC_0697_20170129165111b62.jpg
同じく小川祭の大字小川の太鼓台。


DSC_0703_20170129165108e68.jpg
これだけ屋根の反りを大きくするのはかなりの手間だと思います。


DSC_0702_20170129165106cad.jpg
DSC_0685_20170129165109076.jpg
すごい彫物です。


DSC_0686_20170129165110e1c.jpg
大和型の太鼓台は何台か過去にもみたことがありますが、これほどのは初めて見ました。
DSC_0689_20170129165401c54.jpg
DSC_0690_20170129165403cfd.jpg
泥幕、勾欄合、縁葛にも彫物。



DSC_0707_20170129170055b79.jpg
待機場所へ移動する小村の太鼓台


DSC_0711_20170129170057ad7.jpg
大極殿を背景に。
そういえば平城遷都1300年祭のときに奈良市の太鼓台が集まるイベントがあったそうですね。


DSC_0726_20170129170059c0b.jpg
どこの神社か、祝詞奏上があったみたいです。


DSC_0736_20170129170059e90.jpg
17時40分、小川祭りの出番です。


DSC_0743_201701291701013d2.jpg
ちょっさい!の掛け声で走ります。


DSC_0750_20170129171125a95.jpg
小村の太鼓台

小川祭は奈良県吉野郡東吉野村の丹生川上神社中社の秋祭りで、10月第2日曜日、氏子八ヶ大字から八連の太鼓台が出ます。
当地では太鼓台を台ではなく連(から)と数えるそうです。
掛け声は
担ぎ手:ヨーイヤサノサイ
乗り子:イヤサッサー
の掛け合いです。
差し上げの時はサッセ!サッセ!
太鼓が早打ちになると走りだしチョッサイの掛け声になります。
そういえば、小川祭の太鼓台は夜には担ぐんでしょうか?発電機とかバッテリーとかを積むようには見えませんでした。



DSC_0831_201701291711272b6.jpg
DSC_0842_201701291711288fa.jpg
小川祭が終わると、若草山焼きの花火です。
今井町のだんじりと花火


DSC_0876_2017012917112999c.jpg
DSC_0880_2017012917113101f.jpg
花火の後、だんじり巡行です。


DSC_0886_20170129181347d2e.jpg
DSC_0905_20170129181348544.jpg
DSC_0910_20170129181349282.jpg
DSC_0922_20170129181350b4c.jpg
DSC_0943_20170129181352e50.jpg
若草山焼きを遠くに眺めます。



大立山まつり、昨年と変わっていたのは
・参加団体数の増加
・食べ物屋台の増加
・ステージ前の有料席と無料席の配置換え
・宗教色を少し弱める
だと私は感じました。

 参加団体の増加でだんじりマニア的見所が3団体、今井町だんじり、小川祭太鼓台、大和だんじり。
特に小川祭に関しては祭礼日が10月第2日曜日ということもあってなかなか行く機会がないですから、こういうイベントで見られたというのは嬉しいです。
 食べ物屋台が増えることは会場ににぎわいをもたらしますよね。
 有料席の優位性を高めたようですが、なんかそれでもちょっと人気なかったんじゃないですかね。
 行灯奉納がなくなって神様仏様にお祈りしましょうとかいう言葉、そういう宗教色は減っていました。しかし、大立山の巡行の掛け声は「よっさいよっさい」などのほかに「無病息災」というのもありました。イベントのコンセプトも「年の初めに奈良で無病息災をお祈りする」みたいな感じだったと思います。

事前に思っていたよりはずっと満足できました。
・小川祭の太鼓台が見られた。
・各地のマスコットキャラクターが見られた。
・食べ物屋台が多く人の賑いがあった。
・今井町のだんじりが見られた。
・広陵町や橿原市の「立山」が面白くてよかった。
・若草山焼きの花火がきれいだった。
など。

不満を述べるとするなら
・小川祭は日のあるうちに見たかった。
・若草山焼きとその花火によっての満足が大きかった。
・大立山巡行そのものに魅力を感じなかった。
・夜にやらんでもええやんけ。
など。
言うてしまえばイベントの柱である大立山そのものに魅力は無く、県内各地の伝統行事の魅力によって支えられているイベントだということです。
若草山焼きと花火も大立山まつりのイベントではないので、このイベントの魅力は全てよそから借りてきたものばかりです。
確かに、各地から伝統行事を集めるイベントを作るにしてもそれらを取りまとめる象徴が必要なのはわかります。でも、大極殿という立派な象徴があるんですからなんとでもなったんじゃないですかね。

大立山巡行はボランティアの人が大立山を動かすのですが、ツイッターとか見てると「昨日は大立山まつりやった!めっちゃ楽しかった!みんなありがとう!!!」みたいなツイートを見かけるし、現地でも楽しそうな表情をしている人が多かった印象。
とある参加団体の関係者の人が大立山を指してねぶたと言っていたのは笑いましたね。
関連記事
  1. 2017/01/29(日) 15:48:21|
  2. 奈良県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<尼崎市制100周年記念だんじりパレード、2016年10月9日日曜日 | ホーム | 大津神社の秋祭り、伊勢大神楽奉納、2016年10月7日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1112-1f9c1f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数