祭りの写真など

大津神社の秋祭り、伊勢大神楽奉納、2016年10月7日

C1lRHwcVQAAfJub.jpg

2016年10月7日、羽曳野市大津神社の秋祭り宵宮、13時からの、伊勢大神楽奉納を見てきました。
9月下旬から山本源太夫家の方々が羽曳野市、藤井寺市、松原市とかを巡るそうです。

正月にやってた特番『疾走!神楽男子』を見てそういえば見に行ってたのを思い出しました。
その番組はBSプレミアムにて2017年1月14日14時~14時59分に再放送とのこと。

伊勢大神楽は伊勢の桑名を本拠地として、伊勢参りがかなわない人に御札を授けて各地を巡る芸能集団および芸能の事。
獅子舞の様な神事色の強い舞もあれば、曲芸のような娯楽面の強いことも行われる、なにか不思議を感じます。
去年、御坊祭を見に行きましたが、紀州はおそらく伊勢大神楽とかの影響を受けて獅子舞が盛んな地域もあるんかなあって感じです。

DSC_1902_201701080154188c6.jpg
DSC_1906.jpg
DSC_1911_20170108015421cd2.jpg
この長持ちは神楽櫃と言うらしいです。獅子頭、太鼓、その他の道具一式が収納されます。


DSC_1935.jpg
DSC_1944_20170108015424f20.jpg

写真撮るより普通に見てたので、写真少ないです。
13時から2時間ほどでした。




参考:和歌山県御坊市の御坊祭の獅子舞と屋台(2016年10月、和歌山県御坊市にて撮影)

DSC_1304_20161005131103302.jpg
獅子舞

DSC_1279_20161005131058c48.jpg
屋台

紀州の一部の地域では伊勢大神楽の神楽櫃にあたる長持ちを屋台などと呼称し、これ単体でかなり豪華な造りになっているところがあります。
御坊では四つ太鼓という太鼓台も担がれるのですが、屋台を結構派手に担がれます。
紀伊由良では獅子舞も行われますが、屋台を担ぐことそのものが祭りのメインになっているようです。主要な辻でぶつけ合うような派手な動き(競り合い)があります。
youtube「平成二十八年度 由良祭 横浜・網代 競り合い 四つ角 」 https://www.youtube.com/watch?v=LxqqGVIru_w


「2011.9.4長野県木曽郡上松町の獅子 - カムイのブログ - Yahoo!ブログ」( http://blogs.yahoo.co.jp/kamuiupopo/11224196.html)によれば、長野県の上松町というところの獅子舞の長持ち(当地では神楽という)は上部に傘が付いた形をしていて面白い形になっているそうです。
伊勢大神楽は伊勢を中心として巡業(回壇)するので、その中で各地に神楽や獅子舞が伝わり、当地仕様に変わっていったんでしょうね。
長野県は獅子舞の縮図と言えるほどに多様な獅子舞の文化が各地で伝承されているそうで興味深いです。
関連記事
  1. 2017/01/10(火) 07:44:01|
  2. 南河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<第2回大立山まつり4日目、2017年1月28日 | ホーム | 柏原えびす地車曳行、2017年1月7日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1106-6c60c381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数