祭りの写真など

生瀬・川面西の地車合同曳行、2016年10月21日

DSC_5938_201610250106390d6.jpg

2016年10月21日、宝塚市川面神社・皇太神社と西宮市生瀬皇太神社の秋祭りの日程が久しぶりに重なったので、生瀬と川面西の隣町同士の合同曳行が行われました。
生瀬は西宮市、川面西は宝塚市で市が違いますが、宝塚駅から生瀬の神社まで歩いて15分くらいの距離感なんで、それくらい近いんだということです。

DSC_5872.jpg
13時頃、川面西です。12時半くらいには川面3町集まってたみたいですが。
川面のだんじりはこのくらいの角度で撮るのがかっこいいと思うんですけど、どうでしょうか。


DSC_5874.jpg
生瀬もやってきました。


DSC_5881.jpg
踏切待ちです。


DSC_5891.jpg
DSC_5892.jpg
川面西は宝塚型で生瀬は大阪型とか住吉型に近い折衷型です。角の曲がり方の違いがよく分かります。
写真じゃわかりにくいですけどね。前のコマを軸にするか、後ろのコマを軸にするかが大きな違いで、よって曲がり始めの位置取りが違ってくるんですね。
生瀬は後ろ梃子があるので川面西に比べて曲がるのにスペースが必要ですが、テコの原理で考えれば生瀬の方が楽に曲がれそうな気もします。
生瀬も先代だんじりは宝塚型に準じた形のだんじりだったそうですが、解体されています。


DSC_5896.jpg

DSC_5908.jpg
DSC_5909.jpg
JR宝塚駅側の商業施設のところで2台並んで休憩です。
彫物だんじりと幕だんじりの比較ですね。
そういえば、生瀬も川面西も皇太神社なので御祭神同じですね。


DSC_5915.jpg
出発です、ブドウ池方面へ


DSC_5920.jpg

DSC_5947_2016102501181167a.jpg
ブドウ池の傍にて手打ちです。


DSC_5966.jpg
私は生瀬についていきました。生瀬橋、武庫川横断。生瀬橋の東側も生瀬東町で西宮市です。武庫川が市の境界ってわけでもないようです。


DSC_5973.jpg
橋を渡るとしょっぱなから急坂です。善根寺もびっくりの急坂です。地域の子供たちも手伝って一生懸命に上ります。


DSC_5976.jpg

DSC_5988_20161025011817cf2.jpg
生瀬駅前で休憩前に盛り上がっていました。生瀬はお囃子は基本的に宝塚川面あたりに準じたものですが、堺市の陶器地区のスタイルも取り入れていますね。

生瀬(なまぜ)と言えば俳優の生瀬(なませ)勝久さんが幼少期を過ごした土地ですね。厳密には塩瀬町だったそうですが、塩瀬は名塩と生瀬の合成地名です。生瀬さんは甲子園から生瀬に引っ越してきたので地名と苗字は関係ないそうですが、生瀬なんて苗字は決して多くないはずなのにたまたま生瀬って言う土地に引っ越すなんてレアですね。生瀬さん、本名なんですね。
あと片岡愛之助さんと二度目の結婚をした水素s・・・藤原紀香さんもこの辺り出身ですね。意外と、濃い、生瀬という土地・・・。
もう一つ言うとジンジャーエールや炭酸水で有名なウィルキンソンの創業のきっかけになったのも生瀬です。生瀬で炭酸鉱泉が見つかって小林(宝塚市)に工場を作ったのが始まりです。後に生瀬に工場もできます。というかウィルキンソンが日本企業だとつい数年前まで知りませんでした。有馬温泉は炭酸せんべいが有名ですが、生瀬も有馬郡でしたからきっと何か似た地質なんでしょうねえ。
関連記事
  1. 2016/10/28(金) 07:05:23|
  2. 兵庫県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三郷町制50周年記念、神輿渡御、2016年10月16日 | ホーム | 旭ヶ丘と東町の合同パレード、2016年10月8日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1073-8673098d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数