祭りの写真など

野田恵美須神社の夏祭り本宮、太鼓、2016年7月20日水曜日

DSC_0455_20160722210036111.jpg

2016年7月20日、大阪市福島区、野田恵美須神社の夏祭り本宮を見てきました。
地車と枕太鼓を見てきましたが、地車は他の方が結構書いていらっしゃると思うので、私はまず枕太鼓から・・・。
夕方の休憩の出発から。

DSC_0465_20160722210351884.jpg
太鼓の打子というんですかね、後ろ向いたり前のめりになったり、所作がかっこいいですよねえ。


DSC_0483_201607222103526b7.jpg
JR野田駅のガード下を行く


DSC_0490_20160722210353361.jpg
高架沿いで休憩


DSC_0501_201607222103556cb.jpg
激しく太鼓が打ち鳴らされます。交代中も太鼓は止まりません。
願人?は松、竹、梅、桜などの組に分かれていて、ここぞというときは松の組が乗り込むようです。桜はもっとも若いようです。


DSC_0515_20160722210356358.jpg
出発前、担ぎ手さんたちはえいえいおーで気合入れます!


DSC_0529_201607222110556c0.jpg
JR野田駅前の交差点で担ぎます。恒例です。


DSC_0533_2016072221105677c.jpg
DSC_0537_20160722211058584.jpg
差し上げ決まった!


DSC_0556_20160722211059273.jpg
時間も19時を過ぎているので見物人が結構いますね。時間的にすでに鯛鉾が神社に宮入し、境内ですずめ踊りが始まってる頃。


DSC_0562_20160722211101276.jpg
マクドで手打ち、休憩



DSC_0701_2016072221134334a.jpg
本宮、太皷の宮入は地車の後、21時ころから。すずめ踊りだけを見に来る人も結構いるので、うまくいけば後から来ても最前列で見ることも可能ですね。どの場所で見るのがベストポジションでしょうか。
まずは境内を駆け抜ける。


DSC_0729_20160722211344ece.jpg
何往復か台車を付けて走った後、台車を外して担いで拝殿前へ
そして手打ち


DSC_0751_201607222113462fc.jpg
地車、社務所、鯛鉾と手打ちした後に、休憩タイム
太鼓の宮入前と休憩中に境内では太鼓の紹介文が読み上げられます。
内容としては江戸時代にはあった、渡御があった時代は先頭で道を清めた、担ぎ上げる様は勇壮であるなどですが、興味深いのは「昔は生國魂、天満、御霊、茨住吉と並んで勇壮な太鼓の五指に数えられていた」ということです。
しかし、その五指の太鼓も今や担いでるのは天満と野田と茨住吉の3つですね。いくたまさんのは戦災で一度途絶えていますし。



DSC_0754_20160722211347da8.jpg
えいえいおー


DSC_0760_20160722211349f2b.jpg
差し上げ!


DSC_0769_20160722211712656.jpg
DSC_0783_20160722211712533.jpg
天神祭のように横倒しは激しくなく、いくたまさんのようにしばらく倒して置いておく、これを2セット。


DSC_0822_2016072221171443c.jpg
最後、拝殿に対して横になって差し上げて手打ち。
うちまーしょ、もひとつせ、いおうてさんど、ああめでたいな


DSC_0843_2016072221171512d.jpg
小屋に入って
この後、各講へ手打ち


DSC_0865_20160722211716788.jpg
最後、境内の規制が解除されて、近くでちょっと見てから帰りました。


関連記事
  1. 2016/07/23(土) 06:59:06|
  2. 大阪市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彌榮神社の夏祭り本宮、渡御、御旅所祭、2016年7月17日 | ホーム | 岩屋神社布団太鼓、50年ぶりの復活、2016年7月16日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1017-c9834bbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数