祭りの写真など

貝塚、太鼓台試験担ぎ、2016年7月3日

DSC_5262.jpg
↑貝塚で最も新しい太鼓台の中太鼓台

2016年7月3日、貝塚市の太鼓台の試験担ぎを見てきました。
貝塚の太鼓台の祭りは泉州でも最古という説があります。
貝塚の太鼓台は貝塚型と呼ばれ、貝塚に存在するものと貝塚から転売された太鼓台のみがその特徴を備える珍しい形です。
精緻な枡組・彫刻は岸和田型地車に共通する彫師や大工が製作したからなのでしょうか?
幕末に製作されたと伝わる太鼓台も現存し、平成に新調された1台を除けばどれも年代物の貴重な太鼓台です。
ちなみに江戸末期製作の太鼓台は太鼓台全体で見ても最古級です。

試験担ぎは例年13時から夕方まで。祭り本番は海の日の前日と前々日です。


DSC_5295_20160705142908bb4.jpg
西町太鼓台の組み物など
下だんじりにどことなく通じるものを感じませんか。


DSC_5323_2016070514290969e.jpg
12時半頃、中北太鼓と大北太鼓が出発地点に向けて移動していると、謎のだんじり?が前を通過していきました。
調べてみると和歌山県橋本市学文路天満宮宮付きだんじり(南馬場のだんじり)で、この日の午前中に抜魂式を行い、今年度の文化庁助成金で修理するということでした。担いだんじりですね。
橋本界隈は毎年のようにだんじり購入とか修理の話題が尽きませんね。


DSC_5364_20160705142911cc9.jpg
13時、試験担ぎスタート。
浜4町(中北、大北、西、南)が一斉に駅に上がっていくこのシーンが見たかった。


DSC_5368.jpg


DSC_5380.jpg
大北


DSC_5386.jpg
西町


DSC_5395.jpg
南町


DSC_5413_201607051438005ee.jpg
中町(宮本)


DSC_5420.jpg
近木


DSC_5451.jpg
太鼓台の絵の展示


DSC_5454.jpg
堀之町


DSC_5462.jpg
感田神社前で休憩する太鼓台
この日は高温注意情報が出ていましたし、見てるだけでも耐えられないような暑さでした。
担ぎ手さんも熱中症で倒れてしまった方がいたそうで、救急車も数台出ていました・・・。


DSC_5474_201607051439351fc.jpg
DSC_5488_20160705143937e95.jpg
DSC_5498.jpg
関連記事
  1. 2016/07/07(木) 08:19:46|
  2. 泉州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<奥田の蓮取り行事、2016年7月7日 | ホーム | 平野郷試験曳き、2016年7月2日、その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hatotetsu.blog89.fc2.com/tb.php/1002-f07b5912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数