祭りの写真など

誉田八幡宮秋祭り、だんじり1日目(宵宮)、神輿渡御、2018年9月15日土曜日

DSC_1508_20190118151351c3b.jpg

2018年9月15日土曜日、大阪府羽曳野市の誉田八幡宮の秋祭り、だんじり曳行1日目を見てきました。
本来の祭礼日9月15日なので神輿渡御もありました。

例年、地車曳行は9月の連休土日、神輿(鳳輦)渡御は9月15日に行われます。
続きを読む
  1. 2019/01/26(土) 06:00:08|
  2. 南河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽曳山のだんじり、2019年10月19日土曜日

IMG_0509.jpg

2019年10月19日土曜日、大阪府羽曳野市、羽曳山の地車の巡行を見てきました。
動画→ https://youtu.be/L_RneIEU-7A

富田林市の喜志新家が地車を新調し、それまで使われていた地車を羽曳山が譲り受けました。
2019年7月に入魂式・お披露目曳行が行われたそうです。
羽曳山で以前から使われていた小型のだんじりは今後も子供だんじりとして使っていくとのこと。

羽曳山の地車小屋はセブンイレブンはびきの4丁目店付近。
羽曳山稲荷神社の祭礼になるんでしょうか。
→氏神は羽曳野市高鷲の大津神社、とコメントいただきました。
曳行コースは、私が見ていた限りではセブンイレブン~大阪府立大学羽曳野キャンパスのロータリーの道と途中の脇道で、これを何度も往復していました。
曳行に際しておなじ羽曳野市の新興住宅地である羽曳が丘から応援の人たちが来ていました。

羽曳山は現在は通称の地域名になっており、地名でいうと羽曳野市はびきのに当たります。
旧埴生村の領域だったので、高鷲村と埴生村の氏神である大津神社の氏子になります。
羽曳野市は1959年に生まれた市名なので、羽曳山はそれ以降に開発された住宅地でしょうね。

羽曳山または羽曳野は、河内名所図会(後編上:NDLデジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2563474)にも見られる地名・丘陵名であることから、これをもって住宅地の開発年代を推測するのは不適当でした。
続きを読む
  1. 2019/10/25(金) 01:26:43|
  2. 南河内
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

最近の記事

最近のコメント

カテゴリ

祭り (905)
大阪市 (294)
南河内 (109)
中河内 (102)
北河内 (36)
摂津 (29)
泉州 (85)
兵庫県 (175)
奈良県 (45)
その他地域 (30)
のりもの (186)
鉄道 (60)
船 (50)
バス (72)
飛行機 (3)
特集 (22)
イベント(祭り以外) (18)
博物館・展示物 (15)
地車・太鼓台など (59)
寺社探訪 (0)
散策 (35)
風景 (15)
連絡・雑記 (36)
外出先 (34)
猫 (0)
撮影地 (1)
まとめ (16)

タグ

地車 秋祭り 夏祭り イベント 布団太鼓 太鼓台 平野区 春祭り 枕太鼓 試験曳き 羽曳野市 東大阪市 東灘区 堺市 柏原市 尼崎市 福島区 八尾市 藤井寺市 神輿 豊中市 大太鼓 入魂式 獅子舞 盆踊り 守口市 梵天太鼓 生野区 東住吉区 灘区 近鉄 西淀川区 宝塚市 鶴見区 屋台 旭区 西宮市 南大阪線 松原市 大東市 都島区 城東区 吹田市 神戸市 河内長野市 天王寺区 富田林市 芦屋市 試験担ぎ 神事 加西市 池田市 博物館 宇陀市 岸和田市 東成区 夜店 山車 滋賀県 泉南市 橿原市 やぐら 垂水区 太鼓枠 姫路市 大阪市北区 伊勢神宮 広陵町 石取祭 淡路市 京都 大和高田市 木津川市 此花区 奈良市 住吉区 曳山 中央区 淀川区 西成区 風景写真 堺市北区 小牧市 ふとん屋台 枚方市 祭車 鉄道 名古屋市東区 京都府 川西市 港区 伊丹市 三郷町 昇魂式 制動テスト だいがく 茨木市 高松探訪 だんじり 臨時列車 香川県 和歌山県 貝塚市 東淀川区 泉佐野市 浪速区 北播 四条畷市 播磨 三重県 門真市 名古屋 三木市 布団屋台 ふとん太鼓 淡路島 阪南市 大和郡山市 明石市 西区 河南町 葛城市 宇治市 京都訪問 大正区 加東市 三田市 奈良県 山鉾 住之江区 大津市 高松 やぐら(泉州) 風景 兵庫区 御輿 バス 神社 桑名市 展示物 御白石持行事 王寺町 美原区 神額 名古屋市 天理市 お木曳き 十日戎 竣工式 完成式 

ブログ内検索


全ての記事を表示する

月別アーカイブ

リンク

アクセス数