祭りの写真など

岡田西組やぐら新調御披露目曳行

2014年7月20日、泉南市の岡田西組やぐら新調御披露目曳行を見てきました。

アクセス:南海本線岡田浦駅より徒歩5分

人生で初めてのやぐらです。
やぐらは泉州の南部に見られる特有の山車で、その特徴は
・2輪である
・囃子は後部に積まれた太鼓をおいかけながら叩く(囃子方は山車に乗らない)
・屋根は岸和田型地車に似ているが、鬼板は獅子噛である
などなど・・・

追いかけながら太鼓をたたくといえば、三重県桑名を中心とする石取祭車も鉦と太鼓をおいかけながら叩いてますし、ねぶた祭りもお囃子は追っかけながらのとこが多かったように思います。
しかし、どこにルーツがあるのでしょうね、やぐら。
少なくとも現代では下地車の影響は絶対受けてますよね・・・。

ところでこの日7/20には至る所で入魂式が行われました。
下地車が3件、泉州やぐらが2件、布団太鼓が1件
やぐらについては岡田西組の新調入魂式と男里方面の修理試験曳きでした。
布団太鼓は見に行ってきたので後日アップします。

続きを読む
  1. 2014/07/24(木) 20:07:33|
  2. 泉州
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

ブログ内検索


全ての記事を表示する

アクセス数